ここから本文です

カリスマ求む! ロシアW杯主力組が森保ジャパンの新世代に感じた“おとなしさ”

10/12(金) 11:01配信

Football ZONE web

新たに主将を担う吉田は「フレッシュで勢いがあった」とコスタリカ戦を評価するも…

 日本代表は12日、森保体制2試合目となるキリンチャレンジカップ・パナマ戦(デンカビッグスワンスタジアム/19時35分)に挑む。10月シリーズの一つのテーマは、9月のコスタリカ戦(3-0)で躍動した若手と新たに招集されたロシア・ワールドカップ(W杯)主力6人の融合。DF吉田麻也(サウサンプトン)は「フレッシュで勢いがある」と話せば、DF長友佑都(ガラタサライ)も「ギラギラしていて、なんの恐れもない」と表現するようにプレー面の評価は総じて高い一方で、対話や要求においては少なからず物足りなさを感じているようだ。

【写真】「豪華ーーーー!」「懐かしいメンバー」とファン興奮 日本代表DF吉田麻也が楢﨑正剛&闘莉王との“名古屋同窓会ショット”

 森保一監督の初陣となったコスタリカ戦では、A代表デビューを飾ったMF堂安律(フローニンゲン)をはじめ、MF南野拓実(ザルツブルク)、MF中島翔哉(ポルティモネンセ)とリオデジャネイロ五輪世代と東京五輪世代が攻撃を牽引した。指揮官はテスト第2弾となる10月シリーズに、ロシアW杯主力組の長友と吉田、DF酒井宏樹(マルセイユ)、MF原口元気(ハノーファー)、MF柴崎岳(ヘタフェ)、FW大迫勇也(ブレーメン)を初招集。「どのようにチーム内で化学反応が起きるか」に焦点が当てられている。

 パナマ戦のキャプテンに指名された吉田は9日の練習後、コスタリカ戦の印象について次のように答えていた。

「フレッシュで勢いがあって、一人ひとりがアピールしたいという気持ちが前面に出ていて、チャンスを与えられた選手からそういう気迫は伝わってきた。今までワールドカップ前の時にはあまり感じられなかったところなので、すごくワクワクしていた」

寡黙な大迫が語る若手の実情 「まだおとなしい選手が多いのでそこまで会話は多くない」

 試合前日の11日に取材対応した長友も、森保ジャパン初陣を「若手たちがまた違った代表を見させてくれた」と評する。

「僕たちが若い頃に出てきたばかりで、ギラギラしていて、なんの恐れもないプレーを見せてくれた。僕も原点に返れた気がしました。実際に練習からすごいフレッシュなので、僕もモチベーションが高くてもっと練習して走らないと、と思うし、危機感も感じています」

 最終ラインの要二人がプレー面の勢いを高く評価する一方で、今回ロシアW杯組が入ったことで若手に少なからず“変化”が生まれていることを最年長のMF青山敏弘(サンフレッチェ広島)が証言する。

「緊張感が全然違うものがある」

 普段は“寡黙”な印象のある大迫も「まだおとなしい選手が多いので、そこまで会話は多くない」と実情を明かす。

 森保ジャパンの第一印象を問われた長友の回答に、今後解消していくべき要素のヒントが隠されているのではないか。

「雰囲気が変わりました。(前の代表は)キャラが濃い人たちがたくさんいたので。まだおとなしい感じですね。(本田)圭佑みたいに、キャラが濃くて、僕も宇宙や生きる意味など熱い話をしましたけど、その話をいきなりすると(若手に)引かれそうなので少し距離感を測っています」

1/2ページ

最終更新:10/12(金) 13:27
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

あなたにおすすめの記事