ここから本文です

去就注目のアーセナルMF、“技ありハーフボレー弾”に再脚光 「ロケット炸裂!」

10/12(金) 9:38配信

Football ZONE web

ラムジーが2013年のリバプール戦で決めたハーフボレー弾にプレミア公式が注目

 アーセナルのウェールズ代表MFアーロン・ラムジーは今季限りでの退団が取り沙汰されており、去就に注目が集まっているが、プレミアリーグ公式インスタグラムは2013年にラムジーが決めた豪快なハーフボレー弾に再び脚光を当てている。

【関連動画】「ロケット炸裂!」「今すぐ契約延長を」 ラムジーが矢のように突き刺した“技ありハーフボレー弾”

 2006年にカーディフでプロデビューを果たしたラムジーは、08年にアーセナルへ加入するも、分厚い選手層の影響もあり、期限付き移籍でノッティンガム・フォレストや古巣カーディフを転々とする時期が続いた。11-12シーズンにアーセナルへ復帰すると、才能が開花し主力として活躍してきた。

 ラムジーを重宝してきたアーセン・ベンゲル前監督が昨季限りでチームを去り、ウナイ・エメリ監督が就任した今季は、出場機会の確保に苦しんでいるが、現地時間7日に行われたプレミアリーグ第8節フルハム戦では途中出場直後に鮮やかなバックヒール弾を突き刺し、5-1の勝利に貢献していた。

 そうしたなかプレミア公式インスタグラムは、2013年の本拠地リバプール戦で決まったラムジーのゴールにスポットライトを当てている。その場面とは1-0のリードで迎えた後半14分、ペナルティーエリア手前で浮き球のパスを受けたラムジーは、冷静にバウンドを見極めると、相手守備陣が詰める間を与えずに右足を一閃。ややアウト気味にかかったシュートは矢のように放たれ、ゴール右上に突き刺さった。試合も2-0でアーセナルが勝利を収めている。

リバプールやユナイテッドが獲得に乗り出すとの報道も

 当時のスーパーゴールに、コメント欄では「これぞラムジーゾーンだ」「GKはノーチャンス」「ロケット炸裂!」「アンストッパブル」「今すぐ彼と契約延長してくれ」とファンの反響を呼んでいた。

 ラムジーは今季限りで契約が満了を迎えるが、契約延長交渉は暗礁に乗り上げており、退団の可能性が高まっている状況にある。リバプールやマンチェスター・ユナイテッドなど国内のライバルクラブが獲得に名乗りを上げていると伝えられており、その動向に大きな注目が集まりそうだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:10/12(金) 10:42
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

あなたにおすすめの記事