ここから本文です

「実家から逃げるための結婚」の意外なその後

10/12(金) 6:00配信

東洋経済オンライン

 神奈川県内の繁華街にある中華料理店に来ている。テーブルを挟んで向かい合っているのは、昨年結婚したばかりの飯島恵子さん(仮名、36歳)。目鼻立ちがはっきりしていて、笑顔が人懐っこい。話しかけやすい雰囲気が漂う女性だ。

 筆者は愛知県に住んでおり、この取材のために上京したが、台風が接近していたタイミングでもあった。恵子さんは前日に丁寧なメールをくれた。

 <もし電車など難しいようであればまた都度ご相談いただければと存じます。どうやら夕方以降が関東は荒れ始めるようで、お昼は大丈夫とのことですが、お気をつけていらしてくださいませ>

 本来は筆者が考えるべきことを先回りして心配し、連絡してくれる。気遣い上手な人なのだ。

■両親は激しい性格で毎日怒鳴り合っていた

 ランチビールを飲みながらインタビューを進めると、恵子さんは幼い頃から家庭内で「気遣い上手」を強いられてきたことがわかった。家業に従事する父親と専業主婦の母親はともに激しい性格で、毎日のように怒鳴り合いのケンカをしていた。恵子さんには2人の兄がいるが、ともに優しくおとなしい性格で両親のケンカを止めることなどできない。恵子さんががんばるしかなかった。

 「父はモラハラの典型のような人で、ソトヅラはいいけれど家族には暴言をぶつけたり無視をしたり。最もつらく当たられていた母は次第にアルコールにおぼれるようになりました。酩酊しなければ父に対抗できなかったのだと思います。そのアルコール依存も父からの攻撃の種になるので、小学生だった私が『お母さんはお酒を飲んでいるんじゃない。薬を飲んで頭がぼんやりしているだけだよ』と必死でかばったりしていました」

 一刻も早く家族から離れたかった恵子さんは高校卒業と同時に上京し、大学に入った。実家からの支援は期待できず、奨学金とアルバイト代だけで学費と生活費をまかなった。卒業後も都内の会社に就職し、ずっと1人暮らしを続けていた。

1/4ページ