ここから本文です

【パナマ戦直前】森保Jに提言したいスタメン案。日本代表のイレブンをFチャン編集部が厳選

10/12(金) 10:00配信

フットボールチャンネル

 日本代表は12日、キリンチャレンジカップ2018でパナマ代表と対戦する。

 9月のコスタリカ代表戦では中島翔哉、南野拓実、堂安律といったフレッシュな選手が躍動。今回はロシアワールドカップで主力だった選手たちも招集されている。森保ジャパンはどのようなメンバーでパナマ戦を戦うのだろうか。

日本代表に推薦したい10人。未来を照らす新戦力候補たち

 システムは引き続き4-4-2(4-2-3-1)か。来年1月にアジアカップが開催されるとはいえ、現在は様々なトライができる時期でもある。コスタリカ戦のスタメンは今シリーズも全員招集されている(小林悠はメンバー発表後に辞退)が、ひとまず彼らはベンチスタートとしたい。素晴らしいパフォーマンスを見せたことは間違いないが、他の選手もクオリティを発揮できるかもしれない。テストと捉え、多くの選手を起用すべきだ。

 GKにはシュミット・ダニエルを推したい。体躯は世界基準であり、国際試合でそのポテンシャルを確認したいところだ。最終ラインは左から長友佑都、冨安健洋、吉田麻也、酒井宏樹の4人。ロシアワールドカップの主力3人のサポートを得て、冨安がどこまで持ち味を発揮できるか。

 ボランチは、所属クラブで出番を失っている柴崎岳の現状を確認したい。パートナーは若い三竿健斗でどうだろう。2列目は左に原口元気、右に伊東純也。特に伊東は抜群のスピードを有するが、いわゆる“速いだけ”の選手ではない。コスタリカ戦でゴールも決めており、スタメンで見たい選手の一人だ。

 最前線の一角は大迫勇也。もう一人は北川航也を推したい。所属する清水エスパルスでは、現在J1で11得点を挙げるなどエースに成長。抜け目ない動き出しとゴール前での勝負強さが光る。清水ではドウグラスという相棒を得て躍動しているが、日本最高クラスのFWである大迫どのような連係を見せるかも確認したいところだ。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)

あなたにおすすめの記事