ここから本文です

リニューアル「報ステ」が早くも路線変更 スポンサーの意向には逆らえないようで……

10/12(金) 7:31配信

デイリー新潮

 テレビ朝日が看板番組「報道ステーション」のリニューアルを発表したのは8月8日のこと。人気者だった小川彩佳アナ(33)が9月一杯で降板し、10月からは元テレ朝でウッチャンナンチャンの内村光良夫人・徳永有美アナ(43)を抜擢。続投する富川悠太アナ(42)とともに月曜~木曜を担当し、金曜は同局の小木(こぎ)逸平アナ(44)と竹内由恵アナ(32)が担当することになった。

 これを受けて、朝日新聞デジタル(8月8日付)は、〈金曜は「週末のリラックスした雰囲気で」伝えるため、富川アナと徳永アナは出演せず、代わりに小木逸平アナと竹内アナの2人で切り盛りするという〉と報じた。

 となれば、金曜日はリニューアルの目玉となるはずだ。

 その金曜日(10月5日)がやってきた。だが、その内容は他の曜日と変わりはない。いったいどうした? 

 ***

 第一声は小木アナである。

「こんばんは。報道ステーションです。えー、月曜日から木曜日までで顔が変わって、ようやく慣れてきたなと思ったら、金曜日がまた違うということで、ちょっと驚いた方もいらっしゃるかもしれませんけれども、改めまして金曜日の報道ステーションを担当することになりましたテレビ朝日アナウンサーの小木逸平です。よろしくお願いいたします」

 顔は地味だが、長年、「ワイド! スクランブル」や「スーパーJチャンネル」などの報道番組のサブとして支えてきただけの実力者。なにより元学生落語の日本チャンピオンである。月~木の富川キャスターと2つしか年の差がないとは思えぬほど、立て板に水の滑らかな口跡(こうせき)でリニューアル番組はスタート。「そして!」という小木アナの前振りに続いて竹内アナが続ける。

「ハイ、月曜日から木曜日まではスポーツを担当しているんですが、今日、金曜日はニュースをしっかりと伝えさせていただきます。よろしくお願いいたします。竹内由恵です」

 あれ、ニュースをしっかり伝える? まあ、“リラックス”とはいえ報道番組なのだから、しっかりと伝えるのだろうとは思いつつ――小木アナがコメンテーター・中央大学の野村修也教授(56)、スポーツ担当で元オリンピック水泳選手の寺川綾キャスター(33)、お天気担当者らを紹介して、いよいよ番組へ。

1/2ページ

最終更新:10/12(金) 12:33
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班よる綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。