ここから本文です

老け見え顔の原因はストレスによる「食いしばり」

10/12(金) 5:00配信

日経ウーマンオンライン(日経ヘルス)

 たるみの目立つ老け顔やエラの張った大きな顔の原因は、食いしばりによって凝り固まる「ストレス筋」にあることがわかりました。ストレス筋の凝りをほぐすマッサージを行えば、マイナス5歳の小顔になれますよ!

【関連画像】顔のたるみやエラ張りの原因は、食いしばりで凝り固まった「ストレス筋」

●現代女性が抱えるストレスが「食いしばり」に

 「食いしばる癖がある人ほど頬や下あごの筋肉が緊張して硬くなりやすく、エラやたるみ、ほうれい線などが目立つ」と話すのは、20年以上にわたり多くの女性の施術を行う、エステティシャンの舟津真里さん。

 「食いしばりの背景には、現代女性が抱えるストレスがある。そこで食いしばりによって凝りやすい咬筋(こうきん)や側頭筋(そくとうきん)などの筋肉を“ストレス筋”と名づけた」(舟津さん)。

 ストレス筋は下あごや頬骨のまわりに多い。「ここが凝って硬くなると、顔の筋肉が中心から外側へと引っ張られ、たるみやほうれい線が目立つようになる。また、咬筋など一部の筋肉が食いしばりで発達することでエラが張ったり、コブのように盛り上がり、顔が四角く大きく見える場合もある」(舟津さん)。

 そこでおすすめなのが「ストレス筋マッサージ」。凝り固まったストレス筋をほぐし、外側に引っ張られた筋肉を本来の位置に戻していく。「筋肉が柔らかく弾力が戻るほど、小顔やほうれい線を薄くする効果も高い」(舟津さん)。

 「朝行えばむくみ解消効果が高い。夜は入浴時に行うと血流が良くなり、よりほぐれやすくなる」(舟津さん)。眠る前にリラックスすることで就寝中の食いしばりの軽減も期待できる。

●【ストレス筋】とは

食いしばりでこわばりやすい筋肉の総称。凝り固まるとこんな悪影響が!

◆ストレス筋が凝ると老け顔に

硬くなった筋肉がまわりの筋肉を引っ張り、頬のたるみやほうれい線、エラ張りなどの原因に。血流やリンパの流れも滞る。

◆柔らかくなると若見えに

弾力のある柔らかい筋肉はたるみにくく、血流やリンパの流れもスムーズなため、シワやむくみ、くすみなども発生しにくくなる。

●check! 食いしばりの癖はどのくらい?

◆下記項目に当てはまる人はストレス筋が凝りやすい

□ いびきをかく
□ 鼻や喉が弱くアレルギー症状がある
□ 猫背など姿勢が悪い
□ 歯並びが悪い
□ 舌をパッと出して鏡を見ると、舌の側面に歯形がついている
□ 偏頭痛が起きやすい
□ めまいや耳鳴りに悩まされることがある
□ 口を大きく開けづらい

「口を閉じているとき、舌は上あごについているのが本来の状態。舌に歯形がついている人は食いしばりが習慣化している可能性が高い」と話すのは、のぶ:デンタルクリニック中町の小原澤友伸院長。歯ぎしりや食いしばりは全身の健康面にも悪影響を及ぼすのだ。

***

取材・文/やまきひろみ 写真/鈴木希代江 スタイリング/中野あずさ(biswa.) モデル/micari イラスト/三弓素青

日経ヘルス2017年8月号掲載記事を転載
この記事は雑誌記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります

記事提供社からのご案内(外部サイト)

日経ヘルス

日経BP社

2018年11月号

価格:700円(税込)

美姿勢!下腹凹む! 女の体幹リセット
がん検診の正しい受け方
ずぼらヨガ&ずぼらダイエット

日経ウーマンオンライン(日経ヘルス)の前後の記事