ここから本文です

採用面接で「人間性」を見極める方法

10/12(金) 5:00配信

日経ビジネスオンライン

 なかなか人が定着しない企業にとって、人財採用はこれからの時代、とても重要なファクターです。 

 それでは、コミュニケーション能力が高く、人間性の高い人財を採用するにはどうすればいいのでしょうか。

 鷲沢社長と蝶野会長との会話で確認してみてください。

●蝶野会長:「社長にひとつお聞きしたいことがあります」

○鷲沢社長:「なんですか」

●蝶野会長:「私はまだ28歳。ベンチャー企業を始めてまだ3年。順調に人を増やして10人は超えましたが……」

○鷲沢社長:「減ったり増えたりしている」

●蝶野会長:「そうなのです」

○鷲沢社長:「ここ1年はどうでしたか」

●蝶野会長:「昨年の10月からカウントしますと、3人入社して、3人辞めています」

○鷲沢社長:「内訳は」

●蝶野会長:「入社した3人のうち1人は続いています。2人が1年以内に辞めた、ということです。もう1人辞めたのは2年目の方です」

○鷲沢社長:「共通していることはあるか」

●蝶野会長:「3、4人のことですから共通パターンと言えるかどうかわかりませんが辞めた3人とも30代でした」

○鷲沢社長:「ほう……」

●若い子より30代が辞める

●蝶野会長:「若い子のほうが続かないかと思っていたら、そうでもなくて」

○鷲沢社長:「22、23歳の子たち、なんだかんだ頑張っているよな」

●蝶野会長:「はい。社長が来てから『金融機関へ営業に行くならスーツ着ろ』と言われたりして、正直なところどうなのかな、と思っていました」

○鷲沢社長:「ブーブー言っていたが結局は従ってくれた」

●蝶野会長:「ええ。というか、若い子のほうがちゃんとスーツを着ていましたね」

○鷲沢社長:「今年の酷暑にもよく耐えた」

●蝶野会長:「訪問先から誉められたりして、結構気分は良かったようです。ベンチャーの若手がスーツをビシッと着て、ネクタイをちゃんと締めていくのは珍しいみたいで」

1/4ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)