ここから本文です

音楽を聴く時の耳の痛さ解消 肩掛けスピーカーが話題

10/12(金) 5:00配信

日経ウーマンオンライン(日経ヘルス)

 日経ヘルスより、「体・食・美」にまつわる最新情報をお届けします。今回は、働く女性にお薦めな最新アイテムをご紹介しましょう。

【関連画像】「SOUNDGEAR BTA」(ハーマンインターナショナル)

●耳が痛くならない肩掛けスピーカー

 ヘッドホンやイヤホンで音楽を聴いていると、耳が痛くなる……。そんな人に向け、肩掛けスピーカーが話題だ。耳鼻咽喉科日本橋大河原クリニック(東京都中央区)の大河原大次院長は、「ヘッドホンやイヤホンだと耳を密閉した状態で音を聴く。これが耳の感覚細胞に負担をかけるため、大音量を聴き続けることで難聴になる『ヘッドホン難聴』にもつながる。肩掛けスピーカーは耳を密閉しないので耳の健康にいい」と話す。

 一方、音は、耳だけでなく骨からの振動でも伝わる。「肩掛けスピーカーの音は首の骨を通るので、大音量でなくても音を楽しめる点も利点」(大河原院長)。音漏れはするので注意を。

◆「ウェアラブルネックスピーカー SRS-WS1」ソニー買い物相談窓口

 ネックバンドの両端にスピーカーを内蔵。低音を振動として体感できる機能があり、3段階で調節できる。肩当て部分にクッションがあるのでずれにくい。2万4880円(税別、編集部調べ)。

※人気により店頭では品薄状態が続いている

◆「SOUNDGEAR BTA」(ハーマンインターナショナル)

 首元に搭載したスピーカー4基のほか、低音を強調するためのバスブースト用ユニットからもサウンドを楽しめる。Bluetoothに対応しており、スマートフォンなどと連携できる。2万4880円(税別)。

◆「SoundWear Companion Speaker」(ボーズ)

 ネックバンドの両端にスピーカーを内蔵。上向きで配置され、周囲への音漏れを極力防止。両方のスピーカーをつなぐネックバンドの中には独自構造の音管が2本通っているため、パワフルな音を再生。3万2000円(税別)。

●コードレスタイプのマッサージャー

 オフィスや長時間の移動の合間、スポーツの後などでも手軽に脚のマッサージがしたいというニーズに応えて登場したコードレスタイプ。足裏、かかと、足首、すね、ふくらはぎを、人の手によるマッサージを再現する技術「ヒューマンハンドエアーバッグ」でもみほぐす。

◆「エアーマッサージャー レッグリフレEW-RA38」(パナソニック)

 新開発のサイレンサー搭載エアーポンプにより静かな動作音で周囲を気にせず使える。電源は単3形乾電池にも対応している。ピンクとブラックの2色。各2万5000円(税別、編集部調べ)。

●親指の負担を軽減するシューズ

 つまずきにくい設計の「ライフウォーカー」から、足の親指の付け根部分への負担を軽減する中敷を搭載した靴が登場。くぼみがあるので親指の関節運動が行いやすく、正しい歩行に近づける。足専門病院の下北沢病院(東京都世田谷区)との共同開発。

◆「ライフウォーカー ボシサポート1(W)」(アシックスジャパン)

 親指の付け根にかかる負担を軽減して、足本来の動きをサポート。足の内側への過度な倒れ込みを防ぎ、土踏まずのアーチ崩れを抑制する。21.5~25.0cm、8800円(税別)

日経ヘルス 2018年10月号掲載記事を転載
この記事は記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります

取材・文/日経ヘルス編集部 写真/渋谷和江

記事提供社からのご案内(外部サイト)

日経ヘルス

日経BP社

2018年11月号

価格:700円(税込)

美姿勢!下腹凹む! 女の体幹リセット
がん検診の正しい受け方
ずぼらヨガ&ずぼらダイエット

日経ウーマンオンライン(日経ヘルス)の前後の記事