ここから本文です

琵琶湖“北の鉄人“山田祐五氏に倣って55cm2kgもある「ジャイアントベイト」ルアーを投げてみた〈バス釣り〉

10/14(日) 13:01配信

釣りPLUS

琵琶湖の“北の鉄人“山田祐五はなぜ「鉄人」なのか?

【ジャイアントベイト】北の鉄人、山田祐五の鉄人っぷりを体験【投げてみた】

琵琶湖の“北の鉄人“山田祐五さんは、ただでかバスだけを追い求めるだけで「鉄人」と呼ばれているわけではありません。山田さんといえば、ビッグベイトを超えた「ジャイアントベイト」フィッシングの先駆者。これが鉄人たる理由の核かと。そのジャイアントベイトがどれだけ大きいのかをご覧いただければ、みなさんも山田さんが鉄人と言われることにきっとうなずくはず。

〈山田祐五(やまだ・ゆうご)/デプスプロスタッフで琵琶湖湖北、ファイブオーシャンマリーナに所属するプロフェッショナルガイド。常にでかバスを本気で追い求めるその姿勢からついた異名が「北の鉄人」。驚異のビッグバス捕獲率は多くの釣り人を魅了し、ガイドは半年先まで予約いっぱい。自己記録は6700グラム、ヒットルアーはキンクー13インチ〉

〈山田さんが愛用する革製ジャイアントベイト、デニーロ「マニーホールド」。全長約55センチ、重量約2キロ。もはや50アップの魚をそのまま投げているレベル。春はこれしか投げないという日もあるというから驚きだ〉

〈写真下のスライドスイマー250[デプス]と比較すれば、その大きさは一目瞭然。「デニーロは革製なんで、ジャイアントベイトっていうよりデカいポークです」。そう言い切る山田さんだが、そのデニーロにバイトしてくる魚が想像もつかない…(苦笑)。「まぁ、50クラスが40センチくらいのベイト食ってますからね。60超えてくるような魚なら普通に食いますよ」〉

いったいどんなタックルを使えばいいのか?

あまりに普段のバスフィッシングとは別世界の話過ぎてにわかに信じがたいのだが、山田さんはコレを本気で扱っている。2キロのルアーを扱うバスタックルってどんなだよ・・・ということで見せていただきました。

〈これが山田さんがジャイアントベイトを使うように開発したロッド(上)サイドワインダーHGC-83∞R ストロングマインド[デプス]。リールはトランクス[シマノ]、ラインはPE8号にリーダー150ポンドという、まるでGT(ロウニンアジ)でも釣りに行くかのようなタックルだ〉

1/2ページ

最終更新:10/14(日) 13:19
釣りPLUS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

釣りPLUS

内外出版社

ルアーマガジン12月号
10月26日発売

特別定価840円(税込)

巻き物最前線 ただ巻くだけからの脱却!
清水盛三 in 日指ダム(大分県)
2018オールニュールアーカタログ
2018 T.O.Y開催記念特大プレゼント!

あなたにおすすめの記事