ここから本文です

トヨタ社長「会社をつぶす3代目」と言われ続け… 孫さん・マツコと3巨人が競演

10/15(月) 19:10配信

NIKKEI STYLE

 日本自動車工業会が10月6日に東京・お台場で開催した自動車・バイクの祭典「東京モーターフェス2018」に3人の“巨人”が登場した。トヨタ自動車の豊田章男社長(自工会会長)とソフトバンクグループの孫正義会長兼社長、そしてマツコ・デラックスさんだ。当初は豊田社長とマツコさんの対談の場として設定されていたが、そこにトヨタとの提携を決めたばかりの孫会長がサプライズで登壇。一代でのし上がった世界的な起業家と日本一のメーカーの創業家出身トップ、異系の2人の本音を引き出す女装タレントの競演は、次世代の潮流を感じさせた。

■「酢と油を合わせてドレッシングになるのよ」

 世界的な注目を集めたトヨタとソフトバンクの提携について、マツコさんは「水と油じゃないけど、酢と油を合わせてドレッシングになるのよ。この2社が組んだというのは、日本が動いたという証明。得意分野が違う真逆の人がくっついた方がいいのよ」と独自の解説。マツコさんは、これまで何度も豊田社長と対談。工場を訪問したり、車に同乗したりし、トヨタのことに精通している。

 一方の豊田社長は、提携について「時価総額が日本で1位と2位(提携発表時点)の企業が業種を超えて、お互いの長所を掛け合わせる。日本や世界の未来のために協力するということ」と強調した。続いて、日本経済界の盟主は、1歳年下の孫会長のことを持ち上げた。

 「ソフトバンクと提携することに至ったのは、シェアリングや自動運転といった自動車業界を巡る変化に対応しているうちに、必ず前にいたのが孫さんだから。目利きの力は(私の)4~5周先にいる。デジタルの世界でもずっと先にいる。お互いに世の中を良くしようというオープンな気持ちを持って、世界の皆が笑顔になれる未来をつくりたい」と語った。

 一方、孫会長は「組むなら世界一の会社だと思った。また豊田社長は会社に自分の名字が入る創業家として、50年、100年会社を守っていく責任がある。そういう人はでっかい夢を追い求めていて、ロマンのある人ではないかと思った」と評価した。

 対して豊田社長は「私はずっと3代目と言われて、苦労知らずで会社を潰すと言われ続けた。知らず知らずに、あまり目立ってはいけないと振る舞うようになった。社長就任1年目に(リコール問題で)米国議会に呼ばれた時は社長職としては終わった、やっぱりダメだなと思った」と、一時は弱気になった過去の思いも披露。

 しかし、豊田社長は、この問題を乗り越え、トヨタを新車販売で世界トップを競うメーカーとしてもう一段飛躍させた。

1/2ページ

最終更新:10/15(月) 19:40
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい