ここから本文です

不動産融資…金融機関担当者からの「評価」を高めるには?

2018/10/15(月) 14:00配信

幻冬舎ゴールドオンライン

人生が変わる「30分前現地着ルール」とは?

時間厳守できる人はかなりの高評価です。

なぜなら、「時間管理ができる=返済が遅れない」に直結するからです。

アポを自分がとった上に、遅刻するなんてもってのほかです! いかなる理由も言い訳にしかなりません。私は必ず、 30 分前に現場に着くように段取りをします。そして、提出資料の確認や移動中にかかってきたTELやメールの確認をします。

SNSや電話は、こちらの都合に関係なく入ってきます。車や電車で移動中だと、その場で対応できませんので、車を停めたり電車を降りてからでないと対応できません。それが原因で「時間のロス」が発生します。

そういったときに限って、話をしないといけないような重要な案件だったりします。(暇つぶしや、遊びの誘いのTELもありますが)相手は用事があってかけてくるので当然ですよね。

アポイント先に5分前や 10分前に着くように段取りしている人は、かなりの割合でいます。私の経験上、9割以上です。仮に電話やSNSが入ってこなくとも、電車の遅れや車の渋滞によって遅れたりします。そうなれば遅刻の可能性は格段に上がります。電車が遅れた…渋滞だったから…事故があったから…

訪問する立場からすれば、不可抗力だからしかたない…そう自己解決してしまいますが、待つ側からすれば関係ありません。

「リスクを想定して、早くできることができたはず…」

百歩譲って、ニュースで確認できるような事故であれば「情状酌量の余地」はあるでしょ
う。でも、そんなことはめったにないのでやはり遅刻は「信頼の失墜」にしかなりません。そう思われたらお互い良いことはありませんよね。

私の経験上、「30分前」に現地着するように段取りすることで、遅刻は高確率で回避で
きます。私は公私ともにこのルールを適用してます。電車に万が一乗り遅れても 30分も待てば、よほどの地方でない限り、もう一本後続列車が来ます。30分あれば、渋滞しても遠回りして迂回すればなんとか間に合います。

私は「30分前現地着ルール」をするようにしてから、遅刻は無くなりました。少なくとも、最初の訪問で遅刻したことは「ゼロ」です。最初の訪問は私にとって一大イベントです。そのイベントを成功させるか否かで、人生が変わる可能性が高いからです。

そして、私がさらに守っているルール。それは「3分前入店ルール」。

その理由とは、店の中の時計が進んでいる可能性があるからです。私は、時計が進んでいたり、遅れていたりするケースを目の当たりにしたことがあります。さすがに5分遅れると気が付いてだれかが直すのですが、2~3分のズレだと気づかなかったりして放置されていることがあります。

仮に、時間ぴったりに行っても、店内の時計をみれば3分遅れ…本人は時間を守っていても、店員は遅刻とみなしてしまいます。これこそ不可抗力ですよね。

でも、これはこれで、自分でリスク回避するしかありません。なので、3分前に入るようにすれば相手側からすれば、時計の進み具合で遅刻だと勘違いされることはなくなります。早い分にはネガティブな印象にはなりませんからね。

時間に遅れることは「信用棄損」になります。初めて訪問する金融機関で何も実績のないところから始まるのに、いきなり遅刻では「信用棄損」以外のなにものではありません。
これは相当もったいない…。

私はこの「30分前現地着」「3分前入室」を心がけることで、大きな信用を得たと実感しています。訪問した時に、訪問される側が最初に視線を向かわせるところは「時計」です。取引している金融機関の次長は、私がいつも時間ぴったりに訪問するので、ニコニコしながら「社長!いつも時間に正確ですね!」と満面の笑みで迎えてくれます。

これを2度3度と、毎回正確に訪問することで、信用と信頼が相当積みあがります。この効果は絶大です。

世の中、実は時間を守れない人がとても多い。これはとても残念なこと…。仮に、いつも時間厳守していた人が遅刻していったらどうなるでしょうか。先方は「いつも時間厳守の人が遅れるなんて何かあったに違いない!!事故トラブルでなければよいが…」と心配してくれます。

約束時間の勘違いだったり、メモの記入ミスだったり、人間ですから間違いは誰でもあります。普段のお付き合いで「時間厳守」の信用と実績があれば、仮にうっかり遅れてしまっても「何事もなくてよかった」とポジティブにとらえてくれるようになります。それも、信用から生まれるものです。仕事で時間の守れない人はプライベートでも守れない、その逆もです。

「時間が守れない人は自己管理ができず、返済遅れの可能性が高い」

簡単なことのようで実は難しいのが時間厳守です。「30分前現地着」「3分前入室」をぜひ実践してみてください。

安藤 新之助

不動産投資家
株式会社サクセスアーキテクト代表取締役
国内最大の不動産投資サイト「楽待」著名コラムニスト
ゆとり生活形成塾代表 

安藤 新之助

2/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

富裕層・企業オーナー必読!「知識武装し、行動する」ためのWEBメディア。「資産防衛」に関する最新情報とノウハウを配信!

あなたにおすすめの記事