ここから本文です

デルポトロ骨折 “ファイナル前の悲劇”に海外ファンも沈痛「なんて悲しい出来事」

10/15(月) 19:03配信

THE ANSWER

右膝骨折で確定していたファイナルが絶望、広報発表に落胆の声続々

 男子テニスの世界ランク4位フアン・マルティン・デルポトロ(アルゼンチン)が右膝蓋骨を骨折したと専属広報が発表。年間ポイント上位8選手が参加できるATPツアー・ファイナル(ロンドン・11月11日開幕)出場権を獲得していたが、それも絶望となり、錦織圭(日清食品)が圏内に浮上した。怪我に泣かされてきた30歳デルポトロが見舞われた“ファイナル前の悲劇”に対し、海外ファンも「信じることができない」「なんという悲しい出来事」と沈痛の声を上げている。

【最新版】9位錦織、上下ライバルとの点差は? 米記者は「一騎打ち」と予想… <ATP年間獲得ポイントランク15傑>

 デルポトロが5年ぶりのファイナルを前に悲運に見舞われた。11日の上海マスターズ3回戦、ボルナ・チョリッチ(クロアチア)戦で右膝を故障。専属広報ホルヘ・ビアレ氏はツイッターで右膝蓋骨骨折を報告した上で、デルポトロの悲痛なコメントを紹介している。

「すごく困難な瞬間だ。とても悲しんでいる。力が入らなかったことが痛手だった。リハビリについて考えることはすごく難しい。こんなことが起こるなんて思っても見なかったんだ」

 これまで手首などの故障で長期離脱を繰り返してきた。しかし、今季は好調を維持しながら、年間ポイントランク3位につけ、5年ぶりのファイナル出場を確定させていた。そんな矢先に見舞われた悲劇に本人のみならず、海外ファンも落胆の声を続々と上げている。

「このニュースを信じることができない!」

「このニュースを信じることができない!」
「なんという悲しい出来事」
「可哀そうなデルポ」
「彼は復活する。私たちのサポートがある」
「オー、デルポ。あなたの早い回復を願っている」
「フアン、このニュースが残念でならない」
「頑張れ、デルポ。私たちはそばにいてあなたを待っている」
「フアンは強い。この困難を克服して帰ってくる」
「あなたの状態が心配でならない」
「良い時も悪い時もあなたと共にいる」

 ビアレ氏のツイートに対し、信じたくないというファンの声が相次いだ。結果的にファイナル出場争いはポイントランク9位につける錦織と10位のジョン・イスナー(米国)の争いとなったが、まずはデルポトロの一日も早い回復を願い、来季の早期復帰を祈るばかりだ。

THE ANSWER編集部

最終更新:10/15(月) 19:15
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

あなたにおすすめの記事