ここから本文です

「正直大変だった」長谷部誠が独紙に語ったW杯後の苦労、フランクフルトでのプレー、そして選手人生のこれから

10/15(月) 18:10配信

SOCCER DIGEST Web

「ヒュッター監督はコミュニケーションの頻度が高い」

主将を務めたロシア・ワールドカップ後に、日本代表からの引退を発表した長谷部誠。今シーズンのブンデスリーガでは現在、CBとして試合を積み重ね、評価を得ている。

【写真】チーム練習でもリーダーシップを発揮!最新の長谷部はこちら!

 そんな長谷部だが、フランクフルトはアディ・ヒュッター新監督体制となり、ブンデスリーガのシーズン開始から3試合、出番を与えられていなかった。しかし現在は、チームに欠かせない存在にまで昇り詰めている。

 一体、長谷部の身に何が起こったのか。地元フランクフルト紙『Frankfurter Neue Presse』が会見での回答をもとに紐解き、まとめている。

 まず、日本代表を引退したことについては、このように語っている。

「僕は僕自身について語るのが苦手なので、あまりうまく話すことができないのですが、今は本当にいろんなことが上手くいっていると思っています。

 日本代表でのプレーはいつも誇りに思っていましたし、今もそうです。ですが、飛行機で長時間の旅をしなくてもいいというメリットは感じています。休息があることで、身体も頭も休めることができるし、家族にとっても良いことです。先日、2日間の休みがあったので、2日目は家族で散歩に行きました」

 それにW杯後、モチベーションが落ちていたのは確かです。肉体的な疲労よりも、頭や心が満足してしまっていたので、そこから再びモチベーションを上げることが難しかったですね。今はもう、勝利に、プレーに飢えています」

 今季から初めて組むことになったアディ・ヒュッター監督について、前任のニコ・コバチ監督との違いについては、「よりコミュニケーションの回数が増えた」と回答している。

「どちらも素晴らしい監督であることは明白です。コバチ監督に比べて、ヒュッター監督はコミュニケーションがより細かいですね。シーズン開始時の3試合、僕は出番が与えられていなかったのですが、監督はコーチを介してその理由を説明してくれたので、焦りや怒りはありませんでした」

1/2ページ

最終更新:10/15(月) 19:12
SOCCER DIGEST Web

あなたにおすすめの記事