ここから本文です

吉田輝星は高校トップ評価、大学生候補は豊作年! ドラフト会議、注目選手をタイプ別解剖<投手編>

10/16(火) 10:01配信

ベースボールチャンネル

 プロ野球新人選手選択会議(ドラフト会議)が25日に開催される。学生に義務付けられたプロ志望届の提出期限も締め切りとなり、いよいよ本番を迎えるのみとなった。高校・大学総勢251人に社会人・独立リーグ所属選手が12球団の指名を待つ。ドラフト候補者をタイプ別に紹介する。

2018年プロ野球志望届提出者一覧<高校生・大学生>

 高校生では、史上初2度目の春夏甲子園連覇を果たした大阪桐蔭のメンバーから根尾昂、藤原恭大ら4人が志望届を提出。夏の選手権を沸かせた金足農(秋田)の吉田輝星も急転、プロ入りに切り替えた。大学生では「東洋大三羽烏」をはじめ、日体大の二枚看板など、投手を中心に実力者がそろっている。

 さっそく投手からタイプ別に紹介していく。

右腕・先発タイプ

 高校生のトップ評価の先発型は、やはり吉田輝星だろう。

 最速152キロのストレートにスライダー、スプリットなどの変化球を持つ。9イニングのマネジメント、走者を置いた時の間合いの取り方は巧みだ。長いイニングを投げさせたいタイプだ。即戦力ではないが、将来的にはチームの軸として回ってくれるスケールの投手と言えるだろう。

 次に評価が高いのは、今年夏のベスト8に進出した浦和学院(埼玉)の渡邉勇太朗だ。大谷翔平(エンゼルス)をほうふつさせる癖のない投球フォームが持ち味だ。上位候補の呼び声も高い。同じく夏ベスト8の下関国際(山口)エース・鶴田克樹はゲームメークの上手い投手として名前が挙がる。

 甲子園未出場組では、倉敷商(岡山)の引地秀一郎の評価が高い。最速151キロを投げるという逸材だ。昨夏の甲子園に出場した松商学園(長野)の直江大輔、聖心ウルスラ(宮崎)の戸郷翔征、素材系では埼玉栄の米倉寛太などがいる。

 今年の大学生の投手候補は大豊作と言っていい。東洋大のエース・上茶谷大河、侍ジャパン大学代表のエース格を務めた日体大・松本航が並ぶ。松本は150キロを超えるストレートを持ち、ゲームメーク能力に優れる。シーズンを通して長いイニングを投げ切る姿が想像でき、ローテーションの一角を任せられる。

 國學院大の清水昇は、ストレートの最速が150キロに達して評価を上げた。地方では泉圭輔(金沢星稜大)が一気にドラフト戦線に名乗り出た。また、東都大学リーグ戦未勝利ながら、将来性ではピカイチと評判の梅津晃大(東洋大)、漆原大晟(新潟医療福祉大)のほか、山本隆広(関西大)、山崎智也(静岡大)もスカウトたちがこぞって注目している。

 社会人で上位に食い込みそうなのが斎藤友貴哉(Honda)だ。大学・社会人での実績を携えてのプロ挑戦は即戦力の期待が高い。岡野祐一郎(東芝)は、高校・大学時代からコントロールに秀でていたが、社会人を経て球速もアップした。同じく大学時代に注目を浴びながらプロ入りを逃した生田目翼(日本通運)も指名がありそうだ。高卒5年目になる板東湧吾(JR東日本)、今夏の都市対抗で存在感を見せつけた温水賀一(大阪ガス)も候補だ。

1/2ページ

あなたにおすすめの記事