ここから本文です

本能寺の変、死を覚悟した信長がとった最期の行動

10/16(火) 12:00配信

JBpress

 日本史上もっとも有名な事変「本能寺の変」。明智光秀に討たれた織田信長の遺体はいまだ見つかっていない。なぜ?  そしてどこにーー?  歴史学者・小和田泰経氏が戦国時代の謎を掘り起こし、真相に迫っていく。(JBpress)

【写真】信長の遺体、二つの候補地

■ 重要視されていた大将の遺体の確保

 天正10年(1582)の6月2日、天下人として君臨していた織田信長が、京都の本能寺で家臣の明智光秀によって死に追い込まれた。日本人なら誰でも知っている「本能寺の変」である。

 突発的な事件ということで「変」と呼んでいるが、実際には本能寺において戦闘もおきている。そういう意味からしても、「本能寺の戦い」と呼んでさしつかえはない。

 信長は、毛利輝元の属城であった備中国(岡山県)の高松城攻めをしている家臣の豊臣秀吉を支援するため上洛し、この日は本能寺に宿泊していた。信長は、朝廷との距離を保つため、あえて京都に城を築いていなかったからである。しかも、諸将に出陣を命じていたため、信長自身は100人程度の従者しか連れていなかった。光秀にとっては、絶好の機会であったろう。

 古来、奇襲は「夜討ち朝駆け」が常套とされている。敵が油断している夜間や早朝に奇襲をすることで、不意をつくという戦術である。光秀の軍勢が本能寺を包囲したのは、午前6時頃のことだったから、典型的な「朝駆け」である。本能寺は石垣や堀を擁する城郭寺院で、それなりの防御力をもっていた。しかし、1万3000ともいわれる大軍に包囲されては、為す術はなかったといってよい。

 結局、わずかに防戦しただけで、信長は自刃した。光秀は午前8時ころには、囲みを解いたという。その後、近隣の妙覚寺に宿泊していた信長の嫡男信忠も自害に追い込まれている。

 この本能寺の変で、本能寺は焼失してしまう。しかし、明智光秀が信長の遺体を探しますものの、いくら探しても見つからない。その後、明智光秀を京都の山崎において破った豊臣秀吉が、信長の遺体を探索させるも、やはり見つからなかったのである。この年の10月に、秀吉は京都の大徳寺において信長の葬儀を執り行うが、遺体がないため、新たに作らせた等身大の木像を焼き、それを遺灰の代わりとして骨壺に入れたのだった。

 戦国時代の合戦において、戦いに勝った側が負けた側の遺体、特に大将の遺体を確保することは、なによりも重視されていたことである。合戦で討ち取られれば、首をとられるというのが、当時の常識だった。そのため、討ち取られるということは、首と胴を分断されるということにほかならない。現代の感覚でいえば、大変に残虐なことではあるが、それが当時のしきたりであった。

1/3ページ

最終更新:10/17(水) 10:20
JBpress

記事提供社からのご案内(外部サイト)

JBpress PremiumはJBp
ressが提供する有料会員サービスです。
新たな機能や特典を次々ご提供する“進化
するコンテンツ・サービス”を目指します。

あなたにおすすめの記事