ここから本文です

南野が3戦連続弾、華麗なトラップ&ターンをスペイン人記者称賛「ゴディンの武装解除」

10/16(火) 20:20配信

Football ZONE web

スペイン紙「AS」などに寄稿するマルドナード記者がゴディンを無効化した動きを称賛

 日本代表MF南野拓実(ザルツブルク)は16日の国際親善試合ウルグアイ戦で、前半10分に鮮やかなターンから3戦連続ゴールとなる先制弾。スペイン人記者もツイッターで「偉大な動き」「ゴディンの武装解除」と称賛している。

【関連動画】MF南野拓実が華麗なテクニックから3戦連続弾、MF堂安律がA代表初得点で勝ち越し! 国際親善試合「日本vsウルグアイ」(4-3)ハイライト

 トップ下でスタメン出場の南野は、左サイドのMF中島翔哉(ポルティモネンセ)から斜めに入ったグラウンダーのパスを受けると、足の間を通すトラップで鮮やかに中央方向へターン。そのまま右足でシュートを放つと、ウルグアイ代表GKフェルナンド・ムスレラのセーブを弾くようにしてボールはゴールに吸い込まれた。

 南野は9月の国際親善試合コスタリカ戦(3-0)、10月12日の国際親善試合パナマ戦(3-0)に続く3試合連続ゴール。ザルツブルクでUEFAチャンピオンズリーグ予選3回戦やUEFAヨーロッパリーグでゴールするなど、欧州の舞台で結果を出している勢いそのままに南米の強豪のゴールをこじ開けた。

 欧州を中心に携帯事業を展開する「モビスター」でアナリストと解説者を務め、ラジオ出演やスペイン紙「AS」にも寄稿するスペイン人ジャーナリストのフリオ・マルドナード記者は、自身の公式ツイッターに「ミナミノ(日本代表の将来の9番)の偉大な動き。最初のコントロールでゴディンの武装解除」と投稿。ファーストタッチで背後にいたウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンを無効化してシュートに持ち込んだ動きを称賛した。

 試合はその後、前半28分に一度追いつかれたが、同36分に中島のシュートのこぼれ球をFW大迫勇也(ブレーメン)が押し込み、日本が2-1と再び勝ち越した。

Football ZONE web編集部

最終更新:10/17(水) 2:29
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

あなたにおすすめの記事