ここから本文です

「魅力度ランキング」ワースト3県の茨城・徳島・佐賀。石破茂は、その3県の魅力をどう語っていたか?

10/16(火) 22:20配信

週プレNEWS

10月15日、ブランド総合研究所が47都道府県と1000市区町村を対象にした、「都道府県の魅力度ランキング2018」を発表した。北海道が10年連続の1位となった一方、茨城県は6年連続の最下位。ワースト2位が徳島県、ワースト3位が佐賀県となった。だが、この3県ってそんなに魅力がないものなの?

8月末、石破茂氏は自民党総裁選に向け、日本の全都道府県それぞれに語りかけたメッセージ動画をアップした。サイト名は「47都道府県のみなさまへ」。

その内容は、ありきたりの名産品や観光地の解説に終わらず、各県で斬新な取り組みをしている地元企業や市町村を、尋常でない記憶力で次々と紹介し、各県の潜在能力を台本ナシ&ノーカットで畳みかけたものだった。

10月15日発売の『週刊プレイボーイ』44号では、同氏の47都道府県メッセージをすべて文字に起こし一挙掲載しているが、ここでは「都道府県の魅力度ランキング2018」ワースト3県について語った部分を抜粋し、紹介する。

ワースト1位【茨城】室町時代に編纂されたと言われる人国記、全国各地の人々の姿を描いたものであります。常陸の人々を称して「昨日味方にして今日敵となるものは千人に一人もなし」、そのように記されております。義に厚い実直な常陸の人々、茨城の人々を表したものだ。そのように思っております。

茨城は工場の立地数が全国1であります。農業の産出額は北海道に次いで全国第2位。新しい取り組みとして、アメリカへの米の輸出が茨城のJAを中心として始まっています。実力、そして先進性、茨城の農業であります。

長大な海岸線を有しています。いくつもの魚種でその水揚げは日本一であります。

映画のロケが行なわれた回数、圧倒的な全国第1位です。農業、漁業、そして観光、ものづくり。全てにおいてトップクラスの茨城県、その実力をさらにさらに発揮をして日本を引っ張っていただきたい。

県都・水戸市。徳川斉昭公が開いたと言われる三大名園の1つ、偕楽園。そして藩校、弘道館。今年は明治150年、水戸学は明治維新の大きな力となりました。

つくば市。全国、あるいは世界の先端研究の中心地、つくば市であります。

そして古河市。都心へのアクセスが良く、万葉集にも詠われた歴史の街であります。  先進的な教育が行なわれている街でもあります。

世界の旅行雑誌に「一生のうちに一度は行ってみたい観光地」と紹介されたのは、ひたちなか市のひたち海浜公園であります。ディズニーランドの7倍の広さ。コキア、ネモフィラが咲き乱れる様は世界の人を魅了してやみません。 キングポーク。本当に美味しい豚肉であります。筑西市を中心として作られています。

大洗町。中学生の頃、井上やすしさんの小説「大洗の月」を読んで以来ずっと憧れてきました。磯前神社、素晴らしい神社です。(大洗町を舞台にした)アニメ「ガールズ&パンツァー」は、女子高生が戦車を操るお話ですが、大ヒットして全国から大勢の人々が集まっております。 インターネットやスマホばっかりやっていては家族の団欒はない。ノーテレビ・ノーゲームの日を作ろう。そういうような運動も行なわれております。

首都圏の空の護りは、小美玉市の百里基地に担ってもらっています。

茨城空港は一時期、開港したらすぐ廃港される。そんな陰口を叩かれました。そのような前評判を覆していまや羽田空港、成田空港と並んで首都圏の重要な空港として、発展しつつあります。

実力No.1の茨城県は、なぜか、魅力度ランキングでは全国第47位です。己を誇らない、茨城県民の気質なのかもしれません。この実力を日本を新しくつくるために、さらに活かしていただきたいと思っています。

1/2ページ

最終更新:10/31(水) 17:56
週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週プレNEWS

集英社

No.48
11月12日(月)発売

特別定価420円(税込)

那須川天心よ、メイウェザーをぶっ倒せ!/
「ブラック・インターン」の実態/スマホ料
金値下げの行方【グラビア】似鳥沙也加/エ
リカ×マリナ/わちみなみ/得能あゆみ 他

あなたにおすすめの記事