ここから本文です

日本でも発売?! 650版 KATANA(カタナ)となるSV650/X 短刀(Tanto)の価格が発表に

10/17(水) 11:00配信

WEBヤングマシン

国内販売業者とも接触

2018年10月の独インターモトショーに出品されたSV650/X 短刀(Tanto)の正式リリースが製造元のS2 CONCEPT(フランス)から配信された。各パーツの価格も記載されており、製品化が完了。また、この短刀には日本の販売業者も興味を示しているという。

──────────

アッパーカウルはフランスで899ユーロ(約11万7000円)

1980年代のGSX1100S KATANAをモチーフにしたスペシャルモデルを製作することは、S2コンセプトのスタッフが何年も温めていたアイデアだったが、それがSV650Xの販売促進のオファーに応える形で実現したという。短刀(Tanto)については、武士が混戦で用いる武器として紹介されており、モチーフとなったGSX1100S KATANAの半分程度の排気量から小回りが利くモデルとして命名されたと思われる。今回配信されたリリースには各パーツの価格も記載されており、塗装済みのアッパーカウルは899ユーロ(約11万7000円、カウル&メータステー、スクリーン、ヘッドライト込み)と判明。これだけのイメージチェンジを果たすのであれば、決して高くはないだろう。カウルはすでにS2 CONCEPTのオンラインストアで発売しており、海外からでも購入可能ということだ。また、このSV650/X 短刀(Tanto)が出品されたインターモトショーでは、複数の日本の業者とも接触があったとS2 CONCEPTの担当者は話しており、交渉がまとまれば国内正規販売の可能性もあるだろう。 ※ここで記載している価格はフランス国内の税込価格となります。

〈【S2 CONCEPT SV650/X 短刀(Tanto)】SV650Xをベースにカタナルックに仕上げたカスタム車。前回の発表時は、「SV650 短刀(Tanto)」としていた車名は「SV650/X 短刀(Tanto)」に改められた。デモ車はセパハン化されたXのハンドルまわりをそのまま活用しているが、パイプハンドルのSV650にも対応するという事だろう〉

1/2ページ

最終更新:10/17(水) 11:00
WEBヤングマシン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヤングマシン

内外出版社

2019年01月号
11月24日発売

定価880円(税込)

EICMAミラノショー総力特集
スーパースポーツ&ブラックカタナ
神名車カワサキZ650
特別付録2019新車図鑑

あなたにおすすめの記事