ここから本文です

A型はオーガニック食向き? 『血液型別ダイエット』は本当に有益なのか

10/17(水) 11:10配信

ライフハッカー[日本版]

かつてはダイエットといえば万人向けの方法しかありませんでしたが、最近では、ひとりひとりに合わせた栄養面でのアドバイスが主流。

【記事の全画像】A型はオーガニック食向き? 『血液型別ダイエット』は本当に有益なのか

その人の遺伝子に基づいて栄養学的なニーズを解明する「ニュートリゲノミクス(栄養ゲノム情報学)」という分野が広く知られはじめ、ライフスタイルや好みに合わせてヘルシーな食習慣を作ることに重点が置かれるようになったおかげで、ダイエット法もすっかり様変わりしています。

でも、個人に合わせた食事法のすべてが、専門家から認められているわけではありません。このところ議論の的になっている食事法は「血液型ダイエット」。

血液型ダイエットの考え方はシンプルなもの。遺伝子が体重や食べ物の消化能力などに影響を与えるのと同じように、理論的には、血液型も影響するというものです。

血液型ダイエットとは?

自然療法医で代替医療研究者のピーター・ダダモさんが開発した食事法で、血液型別に(A、B、O、AB)異なる食べ物の摂り方を提唱したもの。

例えば、ダダモさんの研究によると、

血液型がA型の人は心臓の病気、がん、糖尿病になりやすいとされます。

そのため、A型の人は「免疫系を強化するために」「新鮮、清浄、かつオーガニックな」食べ物に重点を置いたベジタリアン食がおすすめ。

一方、O型の人には動物性たんぱく質が健康の元。

ダダモさんのウェブサイトに書かれているその理由は、「この血液型は、たんぱく質と脂質の両方を含む肉類を消化する能力がとてもよく発達している」から。

減量については、ダダモさんのウェブサイトによると、それぞれの血液型で作用するレクチン(免疫系を悪化させ、炎症を助長し、ホルモンを混乱させると考えられているたんぱく質)を含む食品をやめて、おすすめの食品に代えれば、エネルギーが高まり、体重を落とす役に立つそう。

血液型別ダイエットの詳細

・A型:ベジタリアンの食べ物を自然な状態で食べる(新鮮かつオーガニック)。
・B型:チキン、トウモロコシ、小麦、ソバ、レンズ豆、トマト、ピーナッツ、ゴマを避けて、緑黄色野菜、卵、低脂肪の乳製品、ラムや鹿肉などの肉類をもっと食べる。
・O型:脂肪の少ない肉類と健康的な脂質をたっぷり摂り、穀類、豆類、乳製品を取らない。
・AB型:カフェイン、アルコール、肉類の燻製や塩漬けを避ける。減量には豆腐、海産物、発酵乳製品、緑黄色野菜などの食品に重点を置く。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ