ここから本文です

長友佑都の確信。「『日本はこんなに強いのか』。彼らふたりは本気の目でそう言ってくれた」

10/17(水) 5:32配信

SOCCER DIGEST Web

「俺らおっさんはついて行くので必死」

ウルグアイに4-3で勝った試合後、長友佑都はすっきりした表情で意気揚々と話し始めた。チームとしてかなり大きな手応えがあったらしく、「今後の未来に期待を持てる内容だった」と言うようにポジティブなスタンスでゲームを振り返ったのだ。
 
 なかでも、ガンガン仕掛ける若手選手たちに大きな刺激を受けたようだ。
 
「いやあ、気持ちいいね。イケイケやからね。全然恐れていないから、伸び伸びプレーしている。観ていて、僕らおっさんはついていくので必死だよね。テンポ早いし、チョンチョンチョンチョンって行くから」
 
 長友がそう称賛したのはこの日大活躍の中島翔哉、南野拓実、堂安律といった若きアタッカーだった。ワールドカップで優勝経験もあるウルグアイにも怯まず、果敢に立ち向かう彼らの姿勢を「芸術」と言った。
 
「あそこまで堂々とプレーできるのは、ある意味、メンタル的な芸術ですよね。観ていて気持ちいいし、面白いですよ。プレーしながらですけど、気持ちいいなと思ってみていました」
 
 嬉しかったのは、長友が同じクラブでプレーしていた、もしくは、している選手たちからの言葉だった。
 
「実際にガラタサライで一緒にやっているGKのムスレラと、インテルのベシーノと話しましたけど、『すげーな』と。『日本はこんなに強いのか』ということを言っていたんですよ。それはお世辞でもなんでもない。彼らふたりは本気の目でそう言ってくれた。それだけレベルの高いところでやっている選手たちからそう言われるということは、日本サッカー、このまま進化していけるんじゃないかと。僕は楽しみで仕方ない」
 
 そう話す長友の目には確かな希望が映し出されていた。
 
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表】ウルグアイ戦を彩った「美女サポーター」

最終更新:10/17(水) 16:08
SOCCER DIGEST Web

あなたにおすすめの記事