ここから本文です

「早く沢山」儲けたいと考えると大損する理由

10/17(水) 4:20配信

東洋経済オンライン

  「投資を始めた人が陥りがちなワナ」とは何でしょうか。ひとことで言えば「早く、たくさん」儲けたい、と思うことです。

 実際に書店では、そういう人々の心理をつかむようなタイトルの本がたくさん売られています。「1年で資産を10倍にする方法」とか、「億り人になるために」みたいな類の本です。もちろん、そう考えたい気持ちはよくわかります。早く、たくさん儲かればそれに越したことはないでしょう。

 しかしながら、世の中にうまい話はありません。確実に「早く、たくさん」儲かる方法などは存在しないのです。「早く、たくさん」儲けようと思って行動すると、うまくいけばそうなることもある代わりに、逆に「早く、たくさん」損をすることも同じぐらいあるということを覚悟しておく必要があります。これが俗に言う「ハイリスク・ハイリターン」(=高いリターンを求めるとリスクは必ず高くなる)なのです。

■「投資」と「投機」はどう違うのか

 「早く、たくさん」儲けようと思った場合に取るべき方法がないわけではありません。それは投資ではなくて、投機をおこなうことです。では投資と投機はどう違うのでしょうか。実はどちらも利益を得ることを目的としてお金を投じる行為であることに違いはありません。ただ、そのやり方が違うだけです。「投資」はお金を投じる先の価値が向上することによって利益を得ようとする行為であり、「投機」はお金を投じる先の価格が変動することによって利益を得ようとする行為です。

 企業価値の向上は、すぐに実現することがなかなか難しいものです。企業が成長し、利益が持続し儲かったお金が蓄積されていってはじめて、その企業の価値が向上していきます。したがって例外はあるものの、投資で利益を得ようとした場合、やはり時間がかかるのが普通です。

 一方、投機は価格の変化で利益を得ようということですから、価格は日々変わります。上がっても下がってもそれにベットする(賭ける)ことで、当たれば利益を得ることはできます。したがって短期間で儲けることができる代わりに短期間で損をすることも同じぐらい起こりえます。

1/3ページ

あなたにおすすめの記事