ここから本文です

カバーニの日本戦“恩恵弾”に海外衝撃 「FIFA史上最もゾッとするような大失敗から…」 

10/18(木) 19:30配信

Football ZONE web

日本のDF三浦のバックパスをかっさらってゴール「日本守備陣の酷いミスを利用」

 FIFAランキング5位のウルグアイ代表は、16日の国際親善試合で森保一監督率いる日本代表に壮絶な打ち合いの末に3-4で敗れた。エースのFWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)は同じく主軸のFWルイス・スアレスが不在のなかで一時同点となるゴールを決めたが、海外メディアは日本から“プレゼント”された得点に注目している。

【関連動画】「史上最もゾッとするような大失敗」と海外メディアも驚愕 日本代表DF三浦弦太の衝撃ミスからウルグアイ代表FWカバーニが“恩恵弾”

 ウルグアイは12日の国際親善試合で韓国に1-2とまさかの敗戦。FIFAランキング5位の威信をかけ、格下アジア相手の2連敗は避けたかったが、日本戦でも4失点と持ち味の堅守が完全に崩壊した。

 ロシア・ワールドカップ(W杯)ではベスト8に入った強豪の思わぬ失墜に、母国ウルグアイメディアも「日本のスピードに混乱」「至高の守備が悪夢を見た」と辛辣な言葉を並べていた。

 一方、ペルーメディア「depor.com」は「FIFA史上最もゾッとするような大失敗から恩恵を受けたカバーニが日本戦でゴール」と特集。1-2で迎えた後半12分、DF三浦弦太(ガンバ大阪)の痛恨のバックパスミスをカットしたカバーニが一時同点となる得点を決めた場面に触れた。

「カバーニが日本守備陣の酷いミスを利用しネットを揺らした。ミウラのひどいボールコントロールをPSGのストライカーがかっさらうと、光明を照らす一撃を決めた」

 しかしその後、後半14分にMF堂安律(フローニンゲン)、同21分にMF南野拓実(ザルツブルク)にゴールを奪われ、最終的に3-4で敗れたウルグアイ。カバーニのゴールも、まさかの敗戦でかき消される格好になってしまった。

Football ZONE web編集部

最終更新:10/19(金) 12:28
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ