ここから本文です

「半端ない!」「バケモンすぎ…」FKから圧巻のゴラッソを決めた久保建英にファンも驚嘆!

10/19(金) 23:10配信

SOCCER DIGEST Web

FKから圧巻のゴラッソを決めた久保にファンも…

日本サッカー界期待の俊英が、圧巻のゴラッソを決めた。

 10月19日にインドネシアのチビノンで開催されたU-19アジア選手権のグループBの第1節・北朝鮮戦で、日本は5-2で競り勝った。

【映像】久保建英が超絶ゴラッソ!! 約30㍍の直接FKをねじ込み決勝点! U-19アジア選手権、北朝鮮戦ハイライトはこちら

 雨が降り、ピッチコンディションも悪い中、日本は立ち上がりから主導権を掌握。そして8分、久保建英がタイミングよくラストパスに反応した斉藤光毅が先制点をゲット。さらに19分には、キャプテンの伊藤洋輝が強烈なミドルシュートを突き刺して差を広げた。

 しかし、北朝鮮の粘り強さに日本が押される展開となり、36分にケ・タムに追撃の1点を許すと、41分にはカン・グッチョルにPKをねじ込まれて振り出しに戻されてしまう。

 暗雲が立ち込めるなか、悪い雰囲気を一掃したのは、試合開始から積極的な動きを見せていた久保だった。65分、ゴール前、約25m付近からのFKのチャンスでキッカーを任されると、左足で狙いすましたシュートを蹴り込んで豪快にゴールへ沈めた。

 その後、81分に北朝鮮のシン・ガンソクが郷家裕太を故意に踏みつけて一発退場に。これで数的優位に立った日本は、焦る相手の猛攻を落ち着いてかわし、89分と93分には途中出場の宮代大聖と安部裕葵がそれぞれゴールを決めて、逃げ切りに成功した。

 北朝鮮との打ち合いを制し、見事に初戦をモノにした影山ジャパン。試合後には、多くのファンが歓喜するコメントが目立ち、とりわけ、FKからスーパーゴールを決めた久保へは驚嘆の声が相次いだ。

「久保建英、半端ない!」
「やばいな、中村俊輔かよ」
「スーパーゴール!」
「A代表にも呼んでほしい」
「やはり異彩を放つ」
「痺れるー…」
「レベルが違い過ぎる」
「バケモンすぎ」

 持ち前のサッカーセンスを如何なく発揮した久保の活躍もあり、北朝鮮を撃破してグループ首位に立った日本、今後も勢いを持続できるのか? 注目の第2節のタイ戦は10月22日に行なわれる。

最終更新:10/20(土) 15:01
SOCCER DIGEST Web

あなたにおすすめの記事