ここから本文です

堂安律「うまかったでしょ!」日本人離れしたシュートの秘密。

10/19(金) 11:01配信

Number Web

 「今日のシュート、うまかったでしょ!」

 思わず表情が緩む。

 「もうマジでよかった。決まってホッとしました」

 堂安律は、安堵した笑みを見せた。

 日本代表として3試合目となるウルグアイ戦、ついに初ゴールを決め、4-3の勝利に貢献したのだ。

 その瞬間は、後半14分にやってきた。

 右ペナルティエリア前にいた酒井宏樹に、リターンを出してくれることを念じてパスを出した。酒井はそれに応えて、絶妙のタイミングで堂安にスルーパスを出した。この時、酒井は「ちょっと長すぎる。パスがズレた」と思ったという。だが、ボールは堂安の足元に収まり、そのままエースは素早く左足を振った。

 「トラップもシュートも完璧でした」

 流れるような美しいゴールは相手DF陣を棒立ちにさせ、ため息をつかせた。今の堂安のいいところが存分に出た代表初ゴールだった。

日本人に少ない振り抜くシュート。

 9月のコスタリカ戦、GKの東口順昭は久しぶりに会った元チームメイトの成長を感じていた。

 「ガンバにいた時の律は、シュートを打つかどうかで迷ってから打っていた。でも、今は迷いなく振り抜いている。遠くからでも簡単に決められるようになってきたんで、DFは間合いを考えなあかんし、GKもボールをしっかり見て守備範囲を広げていかなあかん。体も強くなって、恐い選手に成長してきたなって思いますね」

 東口いわく、Jリーグではシュートを当てにくる選手が多く、堂安のように振り抜いてくる選手はほとんどいないという。そういうシュートを打てるようになったのは、オランダで目の当たりにしたストライカーたちの影響もあるが、一番は昨年からチームで結果を出して自信が膨らんできたからだ。

 「東くんに『振り抜いてるな』って言われました。日本人で振り抜いてシュート打つ選手は少ないし、パンチのある選手がボールを持ったら怖いのはそういうところやと思うんで、そこは意識しています。でも、今日の試合は振り抜くシーンはほとんどなかったです」

 堂安は、そう言って苦笑した。

1/3ページ

最終更新:10/19(金) 16:11
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

965号
11月8日発売

特別定価600円(税込)

BASEBALL FINAL 2018 鷹が撃つ。

【全6戦徹底解説】 ホークス×カープ「勝負の分かれ目」
【MVPインタビュー】 甲斐拓也「キャノンの咆哮」

あなたにおすすめの記事