ここから本文です

【ドラフト会議物語42】衝撃の「一場事件」で大混乱。ダルビッシュは日本ハムが一本釣り【2004年】

10/20(土) 7:05配信

週刊ベースボールONLINE

今年は10月25日に行われるドラフト会議。毎年、金の卵たちが、どの球団へ進むか大きな注目を集める“一大イベント”で、さまざまなドラマも生まれる。今年で54年目を迎えるドラフト会議の歴史を週刊ベースボールONLINEでは振り返っていく。

球界再編問題から始まって……

2004年11月17日
第40回ドラフト会議(新高輪プリンスホテル)

[1巡目選手]
横浜    那須野巧   (日大)自
      染田賢作   (同大)自
オリックス 金子千尋   (トヨタ自動車)自
広島    佐藤剛士   (秋田商高)
ロッテ   手嶌智    (新日本石油)自
      久保康友   (松下電器)自
阪神    岡崎太一   (松下電器)自
      能見篤史   (大阪ガス)自
日本ハム  ダルビッシュ有(東北高)
巨人    野間口貴彦  (シダックス)自
      三木均    (八戸大)自
ダイエー  江川智晃   (宇治山田商高)
ヤクルト  田中浩康   (早大)自
      松岡健一   (九州東海大)
中日    樋口龍美   (JR九州)自
西武    涌井秀章   (横浜高)
楽天    一場靖弘   (明大)自

 近鉄、オリックスの合併発表から始まった球界再編問題に揺れた年だ。球団上層部は別とし、各球団のスカウトは詳しい事情も説明されず、なかなか戦略を確定できなかったようだ。さらに、この混乱の中で、いわゆる“チクリ”が横行し、さらなる混乱を生む……。

 異変が始まったのが8月。ターゲットは最大の注目と言われた明大の150キロ右腕・一場靖弘だ。自由獲得枠での争奪戦の中で、まず巨人の金銭授受問題が発覚し、一場は責任を取り、野球部を退部。巨人も獲得を断念した。その後、横浜、阪神が再度アタックも、こちらにも同様の問題が発覚し、巨人・渡辺恒雄オーナーをはじめ、4球団のオーナーが辞任という前代未聞の事態となった。渡辺オーナーに関しては、再編問題でのバッシングに嫌気がさしての“緊急避難”ではないか、という噂もあった。

 のち横浜の自由枠・那須野巧の裏金も問題視されたが、言い方は悪いながら、一場のような問題は上位選手なら珍しい話ではなかった。それが再編問題をはじめ、さまざまなドタバタ騒ぎの中で、一場がスケープゴートになった面もある。長年にわたる球界の汚れを一選手にすべて背負わせたのは正しいとは言えないだろう。一場は結局、新球団・楽天に自由枠で入団している。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ