ここから本文です

東急とJRが交差する「大井町」 一見死角のない街を悩ます大問題

10/20(土) 13:00配信

マネーポストWEB

 住んでみたい街の理想と現実には、得てして大きな差があるものだ。憧れのあの街は果たして本当に素敵な街なのか? まったくノーマークだけど、実は住みやすい街は? 今回は「大井町(東京都品川区)」について、ライターの金子則男氏が解説する。

 * * *
 都内には、誰もが憧れる高級住宅街から、物価が安くて誰でも住みやすい庶民の街まで、さまざまな顔を持つ街がありますが、中には1つの街でそれが混在している所もあります。一口に「新宿」と言っても、伊勢丹付近と歌舞伎町の奥ではまったく雰囲気が違いますし、五反田は、駅前にはざっくばらんな雰囲気の飲み屋街が広がり、中にはいかがわしい店などもありながら、その裏には超高級住宅街が広がっています。大井町もそんな街の1つ。京浜東北線の庶民的な雰囲気と、東急大井町線の“セレブな風”が混ざり合い、独特の魅力を持つ街になっています。

 鉄道は、JR京浜東北線と東急大井町線、東京臨海高速鉄道のりんかい線の3線。かつては渋谷や新宿へ行くのに、1度品川で乗り換える必要があり、大幅な遠回りを強いられましたが、りんかい線の開通により、渋谷や新宿への距離感は大いに縮まりました。都心方面、横浜方面、お台場、自由が丘や二子玉川など、いろいろな場所に1本で行くことができ、鉄道の便に不満はありません。行きにくいのは羽田空港ぐらいでしょうか。

 交通状況はボチボチです。駅から少し離れれば第一京浜があり、そうイライラさせられることなく高速の入口までたどり着けます。ただし駅近辺はカオス状態。道幅は狭く、一方通行が多く、それが複雑怪奇に絡まりあい、なおかつ路線バスが走り、そこに荷捌きのトラックが止まり……、初心者や大きな車の人は苦労するかもしれません。

家賃相場はアクセスの良さに見合った値段だが…

 冒頭でも述べましたが、色々なテイストが混在しているのが大井町の魅力です。例えばJR東口の駅前には、都内でも屈指のディープな飲み屋街、東小路と平和小路があり、昭和の闇市そのままのノスタルジックな雰囲気を味わえます。西口の商店街も「昔ながらの」という形容詞が似合う商店街です。

1/2ページ

最終更新:10/20(土) 13:43
マネーポストWEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

あなたにおすすめの記事