ここから本文です

ロイヤルウエディング2018の2つを徹底比較

10/20(土) 8:10配信

エスクァイア

ユージェニー王女&ジャック・ブルックスバンクとハリー王子&メーガン妃の違いは…。

【 ギャラリー 】Aセレブが集結! ユージェニー王女の結婚式に参列した豪華ゲストたち

 5月に引き続き今年2度目のロイヤルウエディング(通称 #royalwedding2)となった、ウィンザー城のセント・ジョージ礼拝堂で行われたユージェニー王女&ジャック・ブルックスバンクの挙式。
 
 前々から「ハリー王子&メーガン妃の式にそっくり!」と言われていたものの、フタを開けてみれば、共通点もあれば意外な相違点もいっぱい。
 
 そこで、両カップルのウエディングを徹底比較してみましょう。それぞれの個性が光るアイディアやこだわりポイントにも注目です。

ユージェニー王女のウエディングドレス

ユージェニー王女は、イギリスのファッションブランド、ピーター・ピロット(Peter Pilotto)のデザイナーであるデュオ、ピーター・ピロット&クリストファー・ドゥ・ヴォス(Christopher De Vos)が手がけたドレスを着用。英王室のウェブサイトによると、そのドレスには「バルモラル城への愛を表すスコットランドのアザミ、母のファーガソン家への敬意を表すアイルランドのクローバー、ヨーク家のシンボルである白いバラ、そして2人の新居であるアイビー・コテージを表すツタの葉」など、王女にとって深い意味を持つシンボルがいくつもあしらわれている。また背中が大きく開いたデザインは王女からのリクエストで、12歳のときに受けた脊柱側彎症の手術の跡をあえて披露したそう。

メーガン妃のウエディングドレス

メーガン妃は、アレキサンダー・マックイーンのクリエイティブディレクター、サラ・バートンがドレスをデザインするのではという大方の予想を大きく裏切り、クレア・ワイト・ケラーによるジバンシィのドレスをチョイス。ミニマルに仕上げたドレスは、七分袖とバトーネックが印象的。

ユージェニー王女の指輪

ジャックはプロポーズの際、パパラチアサファイアの周りにダイヤモンドをあしらったゴージャスな婚約指輪をユージェニー王女にプレゼント。その指輪は、王女の父アンドルー王子が、母サラ・ファーガソンに贈った婚約指輪にそっくりなのだそう。そして結婚指輪には、華奢なゴールドのリングをセレクト。

1/5ページ

最終更新:10/20(土) 8:10
エスクァイア

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エスクァイア

ハースト婦人画報社

1933年にアメリカで誕生した
ハイエンド・ファッション雑誌です
ファッションやライフスタイルにとどまらず
アート、カルチャー情報などを届けます

あなたにおすすめの記事