ここから本文です

キヤノン「PowerShot G7 X Mark II」は、いまも機能と画質のバランスに優れている

10/21(日) 14:10配信

WIRED.jp

どんなにスマートフォンのカメラが進化したとはいえ、ときにはカメラだけほしい場合がある。高性能なデジタル一眼レフカメラをもっていたとしても、レンズやたくさんの備品をわざわざ持ち運びたくないこともあるだろう。

【写真ギャラリー】「PowerShot G7 X Mark II」で撮った写真をもっとみる

そんなときに重宝するのが、ポケットサイズの高性能なオートフォーカスカメラだ。そこで今回は、最高レヴェルのオートフォーカスカメラのひとつ、キヤノンの「PowerShot G7 X Mark II」をレヴューしたい。

カメラオタクでない人から見ても、この用途の広いコンパクトカメラに700ドル(日本での実勢価格は6万円前後)の価値がある理由は理解しやすいだろう。4K動画のような最先端の機能こそないが、より多くの人々にとって重要だと思われる機能が満載なのだ。

十分なズーム性能

高級そうなiPhoneやAndroidスマートフォンのカメラと比べたときに、PowerShot G7 X Mark IIの差異化のポイントは主に2つある。1つ目はセンサーの大きさだ。「iPhone X」のメインカメラに搭載されているセンサーは1/2.8サイズで、約10年前のプレミアムコンパクトに搭載されていそうなセンサーよりもやや小さい。

スマートフォンのカメラでも素晴らしい写真が撮れることはあるが、「本物のカメラ」はさらに大きなセンサーを搭載するため、本体サイズも大きい。PowerShot G7 X Mark IIに搭載されている2,000万画素のセンサーは1インチサイズで、スマートフォンに搭載された小型センサーの性能をはるかに上回っている。光を多く取り込めるので、スマートフォンのカメラでは撮れないようなシーンでも、鮮明な写真を撮影できる。

2つ目の特徴は、ズーム域の広さだ。光学4.2倍ズームのおかげで、撮影できる場面の幅が広がる。衝撃的な8.3倍レンズを搭載したソニーの「RX100 VI」などはさらに広いズーム域に対応するが、価格を考えるとPowerShot G7 X Mark IIでも十分だろう。

ズーム域を少し広げるために低光量下での汎用性を犠牲にしているのは明らかだとしても、このカメラの画質にはおおむね感心した。PowerShot G7 X Mark IIで撮影した写真は、キヤノンの製品に期待できる通りの出来栄えで、鮮明で満足のいく色彩だった。2,000万画素で撮った解像度ならトリミングに耐えうるはずなので、撮影後に思いのままに構図を変えることもできる。

1/3ページ

最終更新:10/21(日) 14:10
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.31』

コンデナスト・ジャパン

2018年11月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.31|リブート号はUS版創刊25周年を記念した特大号!特集「ニューエコノミー」ぼくらは地球をこうアップデートする

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ