ここから本文です

普段使いもできるデザイン。生死を分ける72時間を生きのびるためのバックパック

10/21(日) 12:14配信

ライフハッカー[日本版]

「72時間の壁」と言われるように、人里離れた僻地での遭難や、災害で危機的な状況に陥ったとき、救助されるまでに72時間を超えると生存率は急激に下がってしまいます。

【記事の全画像】普段使いもできるデザイン。生死を分ける72時間を生きのびるためのバックパック

つまり72時間の間、大きな消耗なく切り抜けられれば、生存率を大きく高められるとも言えます。

サバイバルツールをセットしたバックパック

『The SEVENTY2 Survival System』は、この72時間を生き延びるための多彩なサバイバルツールがセットされたバックパックです。

サバイバルツールを取り出せば、ターポリン製の完全防水バックパックとしても利用可能なアウターシェルは、普段使いもできるデザイン。

高気密なので浮き輪としても使用可能というスグレモノで、容量も48リットルと、他の用途に対応させるにも充分なサイズです。

25種類以上のアイテムがギュっと搭載

気になるサバイバルキットの内容は、以下。

フラッシュライト、ガジェット用バッテリーとしても使えるラジオ
焦点を変えられて耐久性が高く、防水仕様のフラッシュライト
汚れた空気を99.9%ろ過してくれる防塵マスク
水中ゴーグル
賞味期限が5年間確保されている非常食
2リットルの水を運べるソフト水筒
生存に必要な最低限の水分量を計量でき、割れにくい水筒
0.1ミクロン以上の不純物を、約38万リットルまでろ過できるウォーターフィルター
傷口の洗浄などに使えるスポイト
化学反応により発光するケミカルライト
マッチ
ファイヤースターター(火打ち石)
ガーゼ、ばんそうこうなどの救急用品
除菌ウェットティッシュ
SPF30の日焼け止めクリーム
骨折、捻挫時の添え木(樹脂製)
プライヤー、ニッパー、ナイフ、プラス/マイナスドライバー、栓抜き、カラビナ、やすりを内蔵したマルチツール
ダクトテープ
つるはし、ノコギリとしても使える折りたたみシャベル
約30mのポリエステルロープ
滑り止め付きの保温グローブ
ニット帽
携帯カイロ
防水、防風素材の毛布

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

あなたにおすすめの記事