ここから本文です

紅白“ジャニ枠”残り1席をめぐる「ジュリー派VSタッキー派」バトルが勃発か

10/22(月) 5:00配信

週刊女性PRIME

「SMAPが最後に出場した'15年の7枠をピークに、1枠ずつ減っているんですよ。今年はTOKIOが出るにも出られないですから、さらに1枠削られて4枠になる見込み。この残った枠をめぐってNHK、ジャニーズともにいささか穏やかではなさそうですよ」(芸能レポーター)

【写真多数】今年の正月、カウコンを終えて初詣にやってきたジャニーズたち

 12月31日に迎える第69回NHK紅白歌合戦。本番まで2か月半を切った今、制作スタッフは出場歌手の選出作業に入っている。

 中でも方々に意見が分かれるというのが、ジャニーズのグループが出場する“ジャニーズ枠”なんだとか。もとはと言えばこの“ジャニ枠”、'08年までSMAPとTOKIOの2枠だったのだが……、

「大ブレイクした嵐に何としても出場してほしかったNHKは、世間的にはほとんど無名だった『NYC boys』を初選出して実現させたと言われています。このときからですね。忖度によって枠が増え始めていったのは」(同・芸能レポーター)

思ったほどの数字が見込めない

 一方で同日には毎年、所属タレントがほぼ総出演するビッグイベント『ジャニーズカウントダウン』が開催されている。そのため、売り出したい旬のグループ、また「デビュー〇周年」を名目に、“紅白組”としてショーケースに並べられていたとも。

「とはいえ飽和状態になったジャニーズグループは、思ったほどの数字が見込めなくなっていると言います。そこに追い打ちをかけたのが、TOKIO山口達也元メンバーによる未成年への強制わいせつ事件。被害者との接点がNHKの番組だっただけに、ジャニーズも今年はおとなしくしているものと見えます」(同・芸能レポーター)

 では、あてがわれたであろう4枠に、どのグループが選ばれるか、だ。

「まずは嵐。'09年の初出場から今年で10回目、グループとしてもデビュー20周年イヤーに突入した記念年に出ない理由がない。そして'12年から連続出場している関ジャニ∞。メインの渋谷すばるが脱退しましたが、それでもパフォーマンスが落ちないところを見せつける必要があります。何より嵐に次ぐ人気グループです」(レコード会社関係者)

 これで半分。後の2枠は?

1/2ページ

最終更新:10/22(月) 5:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」11/27号

特別定価420円(税込)

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ