ここから本文です

大坂なおみを撃破のスティーブンスは敬意「ナオミは素晴らしい選手。勝てて最高」

10/22(月) 23:17配信

THE ANSWER

“新旧全米女王対決”で大坂に粘り勝ち「出来る限りポジティブな姿勢で挑んだ」

 女子テニスのツアー最終戦、WTAファイナル(シンガポール、DAZN独占生中継)は22日、初出場の世界ランク4位・大坂なおみ(日清食品)が“新旧全米女王対決”となった同6位スローン・スティーブンス(米国)に5-7、4-6、1-6で敗れ、黒星発進。残り2戦で1次リーグ突破を目指す。

【動画】「なんてポイントだ!」とWTA絶賛! 思わずガッツポーズも…大坂がスティーブンス戦で決めた「とてつもないプレー」の実際の瞬間

 大坂は第1セット、第1ゲームでいきなりブレークを許す。直後にブレークバックしたが、緩急を使った相手のプレーに苦しみ、第8ゲームはミスが続き、ブレークダウン。ここでサーシャ・バインコーチにオンコートコーチングを求め、流れを変えた。直後の相手のサービスゲームでデュースに持ち込むと、最後は長いラリーから懸命に粘りに粘って最後はポイントを奪取した。

 大坂は思わずガッツポーズを繰り出し、ブレークバックに成功した。その模様をWTA公式ツイッターは「なんてポイントだ! ナオミ・オオサカからとてつもないプレー!」と絶賛とともに動画付きで速報するほどのインパクトだった。しかし、5-5で迎えた第11ゲームで3度目のブレークを許すと、第12ゲームは相手にキープされ、第1セットを落とした。

 しかし、第2セットになってギアを上げた。互いにキープして迎えた第6ゲーム。デュースの末にこのセット初のブレークを奪うと、勢いに乗った。5-3で迎えた第9ゲームでブレークダウンしたが、直後にブレークバックに成功。第2セットをモノにした。ただ、第3セットは第1ゲームでいきなりブレークを許してリズムに乗れず、2時間24分の死闘を落とした。

 勝ったスティーブンスはコート上のインタビューで「とても嬉しい。ナオミは素晴らしい選手なので、ここを勝てて最高」と喜びを語った。その上で「この試合を勝つにはベストのテニスをしなければいけないと分かっていたので、出来る限りポジティブな姿勢で挑んだ」と大坂に敬意を払いながら、白星発進に手応えを感じていた。

THE ANSWER編集部

最終更新:10/22(月) 23:23
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ