ここから本文です

ドラフト、球団別補強ポイントは? 5年後の陣容から探る指名すべき選手<巨人・ヤクルト・広島>

10/23(火) 10:01配信

ベースボールチャンネル

 プロ野球ドラフト会議が25日に開催される。今年も大阪桐蔭の藤原恭大や根尾昂、金足農の吉田輝星ら注目選手が目白押しだ。各球団はどんな選手を獲得したらいいだろうか。現在のローテーション、ラインアップが5年後いかに変化するかを考え、補強ポイントを探る。

2018年プロ野球志望届提出者一覧<高校生・大学生>

 今回はセ・リーグの巨人、ヤクルト、広島の3球団の補強ポイントを挙げる。※カッコ内は2018年・2023年の満年齢。

読売ジャイアンツ

補強ポイント 右腕投手/中距離打者タイプの外野手

<現在ローテ>    <5年後> 
菅野智之(29歳)     田口麗斗(28歳)
吉川光夫(30歳)     今村信貴(29歳)
田口麗斗(23歳)     畠世周(29歳)
メルセデス(24歳)    鍬原拓也(27歳)
内海哲也(36歳)     高田萌生(25歳)
今村信貴(24歳)     大江竜聖(24歳)
    
<中継ぎ>   
野上亮磨(31歳)     桜井俊貴(30歳)
上原浩治(43歳)
田原誠次(29歳)     宮國椋丞(31歳)
中川皓太(24歳)     池田駿(31歳)    
    
<中継ぎ>   
畠世周(24歳)      中川皓太(29歳)
澤村拓一(30歳)

<クローザー> 
山口俊(31歳)      谷岡竜平(27歳)    

 シーズン終盤の粘りで3位に入った。若手の育成は少しずつ前に向いている印象だ。

 投手は5年後に菅野智之がメジャー移籍していることを想定した方がいい。田口がエース候補になるが、先発陣の軸となってくれそうなスケール感のある投手は、補強ポイントになるだろう。

 左右で分けると、桜井、宮國の伸び悩みが気がかりだ。右投手の厚みは加えておきたい。
 
<現在のラインアップ> <5年後>
1(遊)坂本勇人(30歳)   (遊)吉川尚輝(28歳)
2(二)田中俊太(25歳)   (中)重信慎之介(30歳)
3(三)マギー(36歳)    (三)坂本勇人(35歳)
4(左)岡本和真(22歳)   (一)岡本和真(27歳)
5(一)阿部慎之助(40歳)  (右)石川慎吾(30歳)
6(中)長野久義(34歳)   (二)山本泰寛(30歳)
7(右)亀井善行(36歳)   (左)和田恋(28歳)
8(捕)小林誠司(29歳)   (捕)大城卓三(30歳)

 キャプテンの坂本勇人は5年後もチームの主軸にいると仮定しているが、野手陣の選手層は厚いとはいえない。

 特に外野手の層が薄く、亀井、長野に変わる存在が少ない。外野手の中距離ヒッターは補強ポイントだろう。また、坂本のいる遊撃手も、吉川尚のコンバートは可能とみるが、こちらも高校生で指名リストに入れたい。

1/3ページ

あなたにおすすめの記事