ここから本文です

『まんぷく』第22話では、疎開先で手持ち無沙汰な萬平(長谷川博己)が“あること”を思いつく

10/24(水) 8:20配信

リアルサウンド

 毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『まんぷく』。10月25日放送の第22話では、疎開先で手持ち無沙汰な萬平(長谷川博己)が“あること”を思いつく。

台所仕事をこなす福子(安藤サクラ)と鈴(松坂慶子)【写真】

 福子(安藤サクラ)と萬平と鈴(松坂慶子)が兵庫の上郡に疎開した第21話。第22話では、福子たちが上郡に疎開して1か月が経つ。福子と鈴は台所仕事。手持ち無沙汰な萬平は、ゆっくりして丈夫な体に戻すようにと2人から言われるが、じっとしていられない。散歩に出かけた萬平は、川で魚取りをしている子供たちに遭遇。子供たちと一緒に網で魚をつかまえるうちに、萬平はもっと効率よく魚を取る方法を思いつく。

 “究極のマネジメント能力”を身につけるヒロイン・福子と、“発明家”として「世の中の役に立つこと」を理想に掲げ、邁進し続ける夫・萬平が、インスタントラーメンを創り出すまでの物語。主演の安藤サクラをはじめ、長谷川博己、内田有紀、松下奈緒、要潤、大谷亮平、桐谷健太、片岡愛之助、橋爪功、松坂慶子らがキャストに名を連ねる。

リアルサウンド編集部

最終更新:10/24(水) 8:20
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

あなたにおすすめの記事