ここから本文です

【ドラフト】西武2位 渡邉勇太朗(浦和学院高) 大谷翔平に憧れる190センチの大型右腕/プロ野球ドラフト会議

10/25(木) 18:18配信

週刊ベースボールONLINE

 25日、2018年プロ野球ドラフト会議が行われ、西武が2位で浦和学院高・渡邉勇太朗を指名し交渉権を獲得した。

■プロフィール
名前:渡邉勇太朗(わたなべ・ゆうたろう)
ポジション:投手
生年月日:2000年9月21日
身長・体重:190cm90kg
投打:右投右打
所属:浦和学院高
経歴:羽生市立東中 - 浦和学院高

 今夏の甲子園で頭角を現した大型右腕。羽生市立東中では軟式野球部に所属。浦和学院高では1年秋からベンチ入りし、長身の大型右腕として注目されるも、その後は右ヒジを痛めた時期もあり目立った活躍はできなかった。ケガから回復した3年夏の甲子園では背番号「11」をつけ、仙台育英高戦では6回7奪三振無失点、二松学舎大付高戦では自身初の完封勝利(10奪三振)と2試合連続で好投を見せ、最速149キロをマークするなど一躍ドラフト候補に名乗りを上げ、大会後の日本代表にも選出された。

 同じく長身の大谷翔平を参考にしたフォームから投げ込む速球が武器であり、将来性あふれるスケールの大きい選手。

週刊ベースボール

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

あなたにおすすめの記事