ここから本文です

カトリーヌ・ドヌーヴ、永遠のアイコンに学ぶ、2018秋冬トレンド着こなし術

10/25(木) 0:10配信

エスクァイア

常に時代の最先端の着こなしを実践していた彼女から、われわれ男性も多くのことを学ぶことができるはずです。

【 写真 】カトリーヌ・ドヌーヴ御年75歳を記念し、おすすめ作品をリストアップ

 レオパードやタータンチェック、エコファー…この秋冬の本命トレンドを永遠のファッションアイコン、カトリーヌ・ドヌーヴはどう着こなすのか? '60~80sのドヌーヴ・スタイルには、おしゃれのヒントがいっぱいです。
 
 2018年の現代においても、カッティングエッジなセンスのよさを感じさせてくれるのです。それは、その服を選んでくれたスタイリストの技ばかりではありません。そこにはカトリーヌ・ドヌーヴ自身の所作であり、着こなす姿勢&マインドが映し出され、そのシナジー効果によってその魅力が華開いているのでしょう。
 皆さん、大切なパートナーのためにも、75歳の誕生日を迎えたばかりの世界的大女優の出で立ちをご覧になってください。もし彼女から(珍しく)アドバイスを要求されたときも、ここで習得したものがその答えのアイデアになるやもしれませんから…。

レオパードはレディライクにまとう

 この秋冬の本命トレンド、レオパード柄。ドヌーヴはインパクティブなレオパード柄のファーコートに、ブラックレザーのグローブとシルバーのバックルがアクセントのクラッチバッグを合わせて、エレガントに仕上げています。
 
 絶妙な抜け感をメイクした、ルーズに結んだヘアスタイルも◎。写真左は、1963年当時交際していた映画監督ロジェ・ヴァディムです。

ファーコートには可憐なボウベルトをマーク

 カラフル&フラッフィなエコファーが、バリエ―ション豊富に登場している今季。ここで学ぶべきは、ドヌーヴのようにボウベルトをウエストマークとして加えるアイデアです。
 
 ウエストはキュッと引き締まり、美しいシルエットを描くようになります。そしてその質感違い色違いのアクセントが加わることで、視覚的なバランスも黄金比へと近づいているのでしょう。
  
 コートなど、たっぷりとしたアウターの着こなしには、ベルトを加えるというアイデアは、彼女にとって効果的かもしれません。

1/3ページ

最終更新:10/25(木) 0:10
エスクァイア

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エスクァイア

ハースト婦人画報社

1933年にアメリカで誕生した
ハイエンド・ファッション雑誌です
ファッションやライフスタイルにとどまらず
アート、カルチャー情報などを届けます

あなたにおすすめの記事