ここから本文です

映画『クレイジー・リッチ!』は、単なるラブコメを超えて歴史的役割を果たした:『WIREDUS版」レヴュー

10/27(土) 15:10配信

WIRED.jp

映画『クレイジー・リッチ!』は優秀な大学教授と不動産王の御曹司の結婚をめぐる騒動を描いた作品だが、それが単なるラブコメに終わっていない。キャストの大半をアジア人やアジア系米国人が占める作品を大手映画会社が製作したことが話題になっているが、その「初めての快挙」は必ずしも手放しでは喜べるものではないのだという。『WIRED』US版によるレヴュー。

歴史に残る業績は損なわれない

レイチェル・チュウとニック・ヤンは、ニューヨークのミレニアル世代のたいていのカップルと変わらない。経済学が専門の優秀な大学教授と、シンガポールの不動産王の御曹司のカップルなので、「たいていの」というのは語弊があるかもしれない。それでも、とにかくミレニアル世代の恋人同士には違いない。

ところが、ひとつだけ問題がある。ニック(ヘンリー・ゴールディング)は自分の故郷での立場を、レイチェル(コンスタンス・ウー)に話していなかったのだ。

親友の結婚式に出席するため一時帰国することになったニックは、レイチェルをシンガポール行きに誘い、家族に紹介しようと計画する。これでもう隠し事をしなくて済む──。こうして始まるのが、ジョン・M・チュウ監督の洗練された華麗な映画『クレイジー・リッチ!』だ。人生において必要な初めてのさまざまな経験と、集団が共有する精神を描く作品である。

数々のハードルを乗り越えて

ニックの誘いに応じるレイチェルには、わかっていないことがある。それは、ニックがどこにでもある家庭ではなく、シンガポール屈指の大富豪で最も有力な一族の出身であることだ(このため、ニックは地元の人々からセレブな独身男性とみなされている)。

このホームドラマは始まってからそれほど経たないうちに、意地の悪い展開を見せる。中国系米国人であるためよそ者扱いされるレイチェルは、周囲に受け入れてもらうには乗り越えなくてはならない障害があると思い知らされたのだ。

だが、最初のハードルはそれほど苦労せずにクリアできる。ニックのいとこで秘密を抱えるアストリッド(ジェンマ・チャン)は、夫の浮気に気付き、レイチェルと思いがけず親しくなったのである。

次のハードルは、ニックのおばたちとかつての恋人だ。レイチェルは彼女たちから嫌がらせをされるが、大学時代の大親友ペク・リン(騒々しく、底抜けに愉快なオークワフィナ)や、ニックのいとこオリバー(ニコ・サントス)に助けられ、機転を利かせて乗り切っていく。

最後のハードルは、ニックの母であるエレノア・ヤンだ。ヤン家を取り仕切り、過剰なまでに一族を守ろうとするエレノア(厳格な表情を浮かべるミシェル・ヨー)は、家族が各々の義務を果たし互いに尊敬することを重んじる女性で、レイチェルをニックにはふさわしくないと判断する。

ここでエレノアとレイチェルは、伝統と自由という相対する理念を象徴する存在になる。エレノアはニックに家業を継いでほしいが、ニックはたとえ米国で暮らすことになるとしても、レイチェルと人生を切り開いていきたいと思い始めている。

募る怒りがいよいよ収まらなくなったエレノアは、ニックとレイチェルの仲を裂こうとして、奥の手を使う。すなわち、レイチェルの父に関する長年隠されてきた秘密を暴くのだ。しかし、それがきっかけとなって、本作で最も手に汗握る場面を迎える。

1/3ページ

最終更新:10/27(土) 15:10
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.31』

コンデナスト・ジャパン

2018年11月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.31|リブート号はUS版創刊25周年を記念した特大号!特集「ニューエコノミー」ぼくらは地球をこうアップデートする

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ