ここから本文です

「試合が長すぎて眠ってしまう」 ナポリ名物会長、サッカーの“絶滅”危惧し改革提唱

10/27(土) 9:10配信

Football ZONE web

デ・ラウレンティス会長が「30分ハーフ制」と「欧州スーパーリーグ」導入を主張

 率直な物言いで有名なナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が、サッカーの“絶滅”を危惧し、大胆な改革が必要との声を上げた。フランス紙「ル・パリジャン」が報じている。

【動画】ナポリDFクリバリ、“味方突き飛ばし“の衝撃守備で神童FWムバッペに対応

 デ・ラウレンティス会長は、「サッカーは重要な産業で、懐古主義的なFIFAやUEFAの失敗さえなければ、もっと価値があったはずだ。我々は未来を見つめなくてはならない。若い子たちはビデオゲームをしているじゃないか。我々は今、沈没しかかっており、サッカーを破壊しようとしている」とコメント。「8年もすれば、その頃の子どもたちはサッカーになど見向きもしなくなる」と、サッカー人気の衰退を予言し、「我々の失敗だ。我々の頭が古く愚か者であり、退屈な試合があるからだ」と、現在このスポーツに関わる人間の意識改革が必要だと述べた。

 サッカーの未来を救うためにデ・ラウレンティス会長が出した案は、「30分ハーフの試合にし、休憩は2、3分とすること」。同会長によれば「サッカーの試合は長すぎる。眠ってしまう」とのことで、現在の90分から60分に試合時間を短縮すべきだという。

 同会長はさらに「すべてを変えなくてはならない。ヨーロッパのサッカー大会はイングランド、フランス、イタリア、ドイツ、スペインでいい。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)の代わりに、この5リーグの上位4チーム、計20チームが出場する選手権とする。ファーストレグもセカンドレグもなしの一発勝負だ。火曜、水曜、木曜にこの新たな大会を開催し、土曜、日曜、月曜に国内の大会を行えばいい」とコメント。CLとヨーロッパリーグ(EL)を廃止し、5大リーグの上位チームだけが戦う大会、いわゆる「欧州スーパーリーグ」の導入を勧めていた。

「欧州スーパーリーグ」構想については、欧州クラブ協会(ECA)が以前提案していたものの、同協会はすでにこのアイデアを棄却。30分ハーフへの競技ルール変更については、国際サッカー評議会(IFAB)が昨年議題にしており、今後も話し合われる可能性がある。

Football ZONE web編集部

最終更新:10/27(土) 9:10
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

あなたにおすすめの記事