ここから本文です

『キャプテン・マーベル』予告編で、次々に繰り出された「懐かしの90年代」が意味すること

10/28(日) 13:10配信

WIRED.jp

2019年3月に全米公開される『キャプテン・マーベル』の予告編には、1990年代を思わせる数々のシーンが2分足らずの間に詰め込まれている。レンタルヴィデオにポケベルまで登場するが、そもそもなぜ90年代が舞台に選ばれたのか?

過剰とも思えるほどのノスタルジー

みなさんは、1990年代といえば何をイメージするだろうか? グランジファッションのネルシャツ? パンクロック発のムーヴメント「ライオットガール」? タランティーノ監督の『パルプ・フィクション』? ドクターマーチンズのレースアップシューズを履いてコミックショップへ? 覚えていなくてもご心配なく。マーベル・スタジオの新作が思い出させてくれる。

そう、マーベル・シネマティック・ユニヴァース(MCU)ファン待望の『キャプテン・マーベル』の待ちに待った予告編がリリースされた。クリントン政権時代を物語るものや、ひと目でわかるギャクでいっぱいの映像だ。

キャプテン・マーベルことキャロル・ダンヴァース(オスカー女優であり多方面で活躍するブリー・ラーソンが演じる)が予告編のオープニングシーンで激突するのは、もうなくなってしまったレンタルヴィデオチェーンの「ブロックバスター」。それからポケベルに、ロサンジェルスの懐かしのバスターミナルのシーン。

そしてあまり目立たないが、ダンヴァースが着ているとわかるのは、ロックバンド「ナイン・インチ・ネイルズ」のロゴ入りTシャツだ。90年代を象徴する数々のものが2分足らずの予告編に詰め込まれている。マーベルの打倒スクラル人計画は、敵を90年代攻めにすることだったのかと思っても無理はない。

「90年代」が選ばれた理由

何はともあれ、なぜ90年代かって? キャプテン・マーベルは、いかにスーパーヒーローになったかというオリジンストーリーを必要としている。

20世紀半ばは、『キャプテン・アメリカ』のスティーヴ・ロジャース、『エージェント・カーター』のペギー・カーター、『アイアンマン』のトニー・スタークの父であるハワード・スタークが活躍した時代だ。21世紀は知っての通り、『アベンジャーズ』の時代。となると、厳密にMCU全体の連続性を考慮すれば、キャロル・ダンヴァースの時代設定としてベストなのは、グランジ全盛の90年代ということになる。

DCコミックスのスーパーヒーローに目を向けると、やはり2019年に公開される『ワンダーウーマン』続編が冷戦時代を確保しているという事情もからむ。その時代が認識できるほどにテクノロジーがあり、どのシーンにも携帯電話がなくても不自然ではない程度の昔、というわけだ。言うまでもなく、マーベル初の女性ヒーロー単独映画が、第三波フェミニズム誕生の90年代を時代設定にしているというシンクロニシティもある。

ファンサーヴィスとしてもうなずける。MCU作品を公開初日に見るようなファンや、原作コミックファンのほとんどは、ジェネレーションXまたはYの人々だ。つまり、90年代に成人し、MCUのフェイズ3が終われば見納めだなと感じるかもしれない人々である。

実際、フェイズ3は『キャプテン・マーベル』と『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』続編で来年完結する。このファン層がフェイズ4以降はMCUシリーズから離れるというわけではないが、キャプテン・アメリカを演じるクリス・エヴァンスのような俳優が去って、新世代のスパイダーマンほかのスーパーヒーローに道を譲る。マーベル・スタジオとしては、ファンの過ぎし日々の温かい思い出にアピールしておくのが賢明というものだろう。

1/2ページ

最終更新:10/28(日) 13:10
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.31』

コンデナスト・ジャパン

2018年11月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.31|リブート号はUS版創刊25周年を記念した特大号!特集「ニューエコノミー」ぼくらは地球をこうアップデートする

あなたにおすすめの記事