ここから本文です

快眠の妨げになる、就寝前の6つの習慣

10/28(日) 12:11配信

ライフハッカー[日本版]

最近注目を集めているトピックが「睡眠」です。新発売の睡眠薬が次々と発売され、ニュースは肥満からニキビまであらゆることが不眠に関連づけている記事であふれています。

【記事の全画像】快眠の妨げになる、就寝前の6つの習慣

私たちはベッドに入ってから長い時間を眠ること以外に費やしているのも事実で、問題はそこなのです。

よく眠るために、やらないほうがいい6つのこと

夜ゆっくりと眠りたいなら、ベッドに入ってから次の6つのことをするのをやめましょう!

1. だらだらとテレビを見てしまう

テレビを見ながら寝てしまうのが、寝る前に歯を磨くのと同じくらい習慣になってしまっている人がたくさんいます。画面のちらつく光やゆるいコメディ番組は確かに眠くなりそうですが、逆効果の可能性が高いのです。

睡眠の専門家W・クリストファー・ウィンター医学博士によれば、人が落ち着くと感じるぼんやりしたモニターの光は、実際には脳を刺激し、夜間の健康的な睡眠に必要なホルモン「メラトニン」の分泌を妨げます。

さらに悪いことに、見ている番組が特に緊張を強いる内容や暴力的な内容だった場合、ますます落ち着いて眠れなくなるというリスクも。

脳の緊張をほぐすために、最低でもベッドに入る1時間前にはテレビを消しましょう。

2. インスタグラムをチェックしてしまう

ほとんどの人が、いつでもすぐ手の届くところにスマホを置いていて、ベッドタイムも例外ではありません。寝る前にもう一度だけ、仕事のメール、テキストメッセージ、フェイスブックをチェックしたくなるのはわかりますが、やめておきましょう。

南カリフォルニア大学の睡眠専門家であるエリック・ケジリアン医学博士は、暗い部屋では特に、電子機器が発する光はかなりの量になることを指摘し、次のように述べています。

「夜間に電子機器を使用すると、身体が昼と夜を認識するのを妨げるので寝つきが悪くなってしまいます」。

光の波長の中でもブルーライトは、眠気を誘うホルモンであるメラトニンの量に影響を与え、「概日リズム」と呼ばれる体内時計を混乱させてしまうのです。スマホを持ってベッドに入るのをやめて、スマホも一晩おやすみさせましょう。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

あなたにおすすめの記事