ここから本文です

快眠の妨げになる、就寝前の6つの習慣

10/28(日) 12:11配信

ライフハッカー[日本版]

6. ペットと一緒に寝てしまう

ペットと一緒に寝るのは健康面でよくないのかという疑問は、熱い議論を呼ぶのですが、答えは、当然ながら人による、としか言えません。

しかし国立睡眠財団によると、動物とベッドをともにする人々が最も心配しているのは、動物が動く、音を出す、貴重なスペースを奪われるなどが原因で、睡眠が妨げられる可能性です。

理想の世界では、ペットはベッドの定位置で静かに寝息を立てるものですが、現実にはそううまくいきません。

また、アレルギーやぜんそくのある人は、ペットのふけに直接アレルギーがなくても睡眠に影響が出る場合があります。

ちょっとやそっとでは起きないペットなら、犬や猫と一緒に寝ても問題ないかもしれません。

しかし、睡眠不足や不眠症に悩んでいる人は、ペットには専用の寝床を用意して、自分のベッドは自分だけのものにすることを検討するほうが明らかによいでしょう。

Image: Marcos Mesa Sam Wordley /Shutterstock

Source: Kelsie Gray / 6 Things You Should Never Do In Bed

訳: Maya A. Kishida

3/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

あなたにおすすめの記事