ここから本文です

“芸能界のドン”長男が継承を否定「バーニングは一代限り」

10/31(水) 16:00配信

文春オンライン

 10月27日、水着グラビアを中心に活躍してきたマルチタレント杉原杏璃(36)が、イベントで結婚を報告した。「音楽出版社社長」とのみ報じられたそのお相手の名は、周防彰悟氏(43)。

【写真】「抱きたいグラドル・ナンバーワン」の異名を持つ杉原杏璃

 氏の父親は“ドン”と異称される芸能界随一の実力者、バーニングプロダクション社長の周防郁雄氏(77)。彰悟氏は関連会社バーニングパブリッシャーズの社長を務める。かねてより業界内では、彰悟氏はゆくゆくは父親の後を継ぎ、バーニンググループのトップに納まると目されてきた。

 となると杉原は“次期ドン夫人”として玉の輿に乗ったのか。週刊文春が彰悟氏に結婚と今後について尋ねたところ、自らの後継説を明確に否定した。

 「僕はそんな器じゃない。バーニングプロダクションは周防郁雄一代限りのもの。僕が後を継ぐなんて話はないし、父も最後までやり遂げると言っている」(彰悟氏)

 彰悟氏の発言や杉原とのなれ初めなど、詳細は11月1日発売の「週刊文春」で報じている。

「週刊文春」編集部/週刊文春 2018年11月8日号

最終更新:11/6(火) 13:24
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

あなたにおすすめの記事