ここから本文です

SKE48・須田亜香里 バラエティーでブレークの理由は“さらけ出す力”と卓越した“気遣い”

10/31(水) 12:00配信

ザテレビジョン

10月31日に27歳の誕生日を迎えたSKE48・須田亜香里。ことし6月の「第10回AKB48世界選抜総選挙」で2位を獲得すると、現在は地元・愛知のみならず、全国ネットのバラエティーにも多く顔を見せている。

【写真を見る】須田の写真集お渡し会風ショット

そんなブレーク真っ只中の須田だが、2016年と2017年の選抜総選挙のスピーチでは、こんなことを語っていた。

――「須田亜香里」とネットで検索すると、「なぜ人気」と出てきます。

これは選抜総選挙という舞台上での、AKB48グループの一員としての人気に対する言葉だが、確かに、今の状況を見てもバラエティータレントとして「なぜ人気」なのかは気になるところ。

そこで、テレビ番組の制作者である、「SKE48 ZERO POSITION―」(CS・TBSチャンネル1)のプロデューサーで、SKE48に密着したドキュメンタリー映画「アイドル」の監督を務めた竹中優介氏と、7月に須田の密着VTRを放送した「人生が変わる1分間の深イイ話」(日本テレビ系)のチーフディレクター・那須太輔氏、さらに、長く須田を取材している人物として、写真集「可愛くなる方法」(学研プラス)でインタビュアーを担当したライター・青木孝司氏を加えた3人にそれぞれ話を聞き、バラエティーで起用される「須田亜香里 なぜ人気」の答えを探った。

■ 視聴者の共感を呼ぶ“さらけ出す力”

まず、竹中氏と那須氏の話で共通していたのは、須田が弱さや裏側を“さらけ出している”という点だった。

竹中氏は「10年前、20年前にはやっていた番組と違う、今の番組の好まれるポイントって、人間性をむき出しにしている出川哲朗さん的な“リアルガチ”なところだと思うんですよ」と今の視聴者に好まれる傾向を踏まえ、「だから、弱さを隠さず、むき出しにしながら精一杯やっている須田さんの姿に、視聴者も共感しやすいと思うんですよね」と話す。

一方、那須氏からも「舞台裏で飲み物を持ち帰っていたり、部屋が思ったより地味だったり(笑)、そうやって全てをさらけ出しているから、視聴者も『あざといんじゃなくて、めちゃくちゃ頑張り屋なんだ』とか『本当に気遣いができる子なんだ』って思えるんじゃないかな」と、“さらけ出す”ことが視聴者の共感を呼ぶという旨のコメントが。

「オールスター感謝祭’18秋」(TBS系)でローションまみれになったり、「―日テレ系人気番組No.1決定戦」(日本テレビ系)で強風コンプレッサーの餌食になったりする姿から「NGなし」とも言われる須田だが、それは全力で仕事に取り組んだ結果として、“さらけ出”された部分の1つの言い方なのだろう。

だが、“さらけ出す”には気持ちが強くないといけないのでは? この疑問にはSKE48のシングル「パレオはエメラルド」(2011年)リリース時から須田を取材している青木氏のコメントが1つの答えになるかもしれない。

「(須田の属する)SKE48の3期生は大変だったよね。1期生、2期生と先輩がいた中で、すぐに選抜メンバー入りする子、正規メンバーに昇格する子がいて明暗がはっきり分かれたし、後に入ってきた4期生はキャラの強い子が多くて(笑)。3期生は激戦だったから、そこをくぐり抜けてきたハートの強さはあるんじゃないかな?」(青木氏)。

■ 制作スタッフの要望を察する“気遣い”

また、竹中氏は「昔は弱さがむき出しな上に暴走しがちだったんですけど、最近はその弱さを半分くらい、自分でコントロールできるようになりました。それによってできた半分の余白で、周囲が自分に何を求めているか、客観的に自分のことを見られるようになりましたね。今、一緒に仕事をしていて感じる最大の強さはそこです」と須田の成長を明かす。

その上で、「弱さをコントロールする“すべ”は場数を踏んで覚えたんだと思います。事務所移籍(※2017年4月よりツインプラネットに所属)とか、選抜総選挙の2位とかはあくまでもきっかけで、今の彼女のブレークぶりは、1つ1つの仕事に全力で挑み、全力で凹み、全力で復活した結果です」とも語った。

自分に求められていることを考えながら仕事に臨む、この点については那須氏も「『今のコメントで大丈夫ですか?』と何回も聞きながら、制作側の気持ちになって仕事をしてくれました。あと、基本的に自分が思っていることは正しいと思っていないらしく、マネジャーさんだけでなく、衣装さんやメークさんのアドバイスも取り入れているみたいです」と証言し、「とにかく“気遣い”がすごい」と、須田の周囲の要望をくみ取る力を“気遣い”という言葉で表現。

さらに、那須氏は「ロケ中に雨が降ってくると、カメラマンに近寄って行って傘を差してくれたり、密着は4~5人のチームで行うんですけど、最後には全員に手紙をくれて、スタッフみんなメロメロ(笑)。一緒に仕事をしたスタッフは、結構やられちゃうんじゃないですかね?」と、須田の“気遣い”を笑いながら明かしてくれた。

「最終的にどうすれば番組が面白くなって、どうすればスタッフさんが喜んでくれるかを考える、それは自分を客観視できないとできない戦い方です。バラエティーのロケでも動き方が全然変わったなって思うし、そういうのは制作者ってすごくうれしいんですよ。彼女の仕事が増えているのは、リピーターが多いというのもあると思います」(竹中氏)。

「振り切っている人ってバラエティーで重宝される傾向にあるんですけど、須田さんは人の気持ちを何とかつかもうという面で振り切っている。だから、いろいろバラエティーに呼ばれるんじゃないですかね」(那須氏)。

「『ブス』と言われて乗っかったり、バラエティーでは一段と求められることが分かってやってる感じはある。アイドルとしても、2014年のナゴヤドームコンサートを取材したとき、須田さんに見つかった気がして、翌週くらいにインタビューしたら、『いらしてましたね』と言われました。その一帯は関係者ブロックだったので、しっかりチェックしてたのかなと思いますが、そういう目配りができるところもいいですね」(青木氏)。

こういった番組スタッフらの求めていることを察して、心をつかもうとする“気遣い”が、今多くの番組に出演している理由の1つになっている。

■ 須田本人は「『こんな姿見せたくなかった』とは考えてない」

このように、“さらけ出す力”と卓越した“気遣い”を武器に、バラエティーで躍進を続ける須田。そんな須田自身はどんな意識をしているのか、本人にもインタビューを行った。

バラエティー出演時の意識について尋ねると、「基本的には、何があっても“こだわらない”。自分がどんなふうにいじられても、どんな展開になっても、『こんな姿見せたくなかった』とは考えてないです」と話す須田。

さらに、「周りの人に頼るようになりました。以前は『自分が何とかしなきゃ』『前に出なきゃ』って思っていたんですけど、最近は共演者さんやスタッフさん、その日にその人たちが集まったからこそ出せるものがあると思うので、その人たちとの時間を楽しもうという気持ちの方が強いです」と続けた。

また、9月に放送された「松井珠理奈のインスタ映え100枚チャレンジ旅」(中京テレビ)でMCを務めた際、VTRを見ながら序盤は頻繁にコメントを発していたが、少しずつコメントの量を調整していたような様子が気になっていたので聞いてみると、「コメントを全部使うスタッフさんもいれば、ここぞというときだけコメントがほしいと思ってる方もいるんだなというのを最近学んだんです」と、ここでも番組スタッフへの“気遣い”が垣間見えた。

だが、この件に関しては「この番組のときは、後輩に『これくらい喋ってもいいんだよ』っていう感覚を最初につかんでもらおうと思ったんです。SKE48はテレビのバラエティーになかなか出られない時期もあったので、何を心掛けたらいいのか、何が正解なのか、分かる人が後輩に教えていかないといけないなって思っています」と、後輩へ手本を見せようとしたことが、立ち振る舞いの真意だったようだ。

そんな須田の今後やってみたい仕事の1つは“アシスタントMC”だという。「母が昔から『アシスタントMCを亜香里にやってほしい』って言っていたので。このお仕事を家族が好きにやらせてくれているからこそ、母が見たいって言うなら、自分ではまだ力不足かなって思う気持ちもあるけど、目指してみるのもいいかなって」。

■ 「須田亜香里 なぜ人気」のそれぞれの答え

須田本人を含む4人にインタビューを行った今回の取材。各インタビューの最後には「『須田亜香里 なぜ人気』の答えは何だと思いますか?」と質問した。

「“がむしゃらと客観視の二刀流”。客観視できていることが仕事につながっているというのは、ぜひ伝えてあげたいですね」(竹中氏)、「“みんなやられちゃうから”(笑)。密着した握手会のVTRを見ていても、1人1人をちゃんと見ていますよね。だから、ファンもスタッフもやられちゃうんだと思います」(那須氏)、「“クセになる子”かな?(笑)。バレエを通じて培った、自分に自信があるところと、ブスとか言われがちな自信のないところと、両方ある。強いだけでも弱いだけでもない、そういうところに引かれて、クセになるのかなと」(青木氏)。

そして、須田本人にも同じ質問をすると、須田は少し考えてこう答えた。

「“手ごろさ”かな? 『こんなことアイドルに頼めないよな。でも、アイドルがやってくれたら面白いだろうな』ってことを『須田ならやってくれるかも』って期待されているような気がして。それは、自分だからこそいい方向に転じたものなのかなって、ちょっと自信になった部分でもあります」。(ザテレビジョン)

最終更新:10/31(水) 12:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン46号
11月7日

定価:380円

あなたにおすすめの記事