ここから本文です

新色が追加されたカワサキ Z900RSカフェのインプレッション

11/1(木) 5:30配信

WEBヤングマシン

適度な攻めにも対応 雰囲気に酔える秀作

デビュー以来、飛ぶ鳥を落とす勢いで売れているカワサキのZ900RS。そのバリエーションモデルである“カフェ“が早くも’19年モデルへ移行した。さっそく新色に乗ってみたぞ!

──────────

【〇】懐古的なのは外観のみ 走りの水準は想像以上

Z800からバトンを受ける形で’17年に登場したスーパーネイキッドのZ900。これをベースに往年の名車900スーパー4、通称Z1を彷彿させる外観を与えられたのがZ900RSだ。さらに、RSを基に当時のカスタムスタイルの1つ、カフェレーサー風の雰囲気を再現したのが、今回試乗したZ900RSカフェである。すでに8月から’19年モデルに切り替わるという人気ぶりであり、試乗車は新しいカラーリングの1つ、ストームクラウドブルーという灰色がかった青を採用する。

RSに対してややグリップ位置の低いバーハンドルと、座面が20mm高いシートを採用するカフェ。上半身は軽く前傾するがストリートファイター系ほどではなく、Z900よりわずかに大柄なライポジとなる。

948ccの水冷並列4気筒エンジンは、Z900より14ps低いとはいえアイドリング付近からしっかりとトルクが厚く、意識して開けなくともキビキビと走り回れる。特に感心したのは、スムーズな吹け上がりの中に直4らしい脈動感があることで、そこに空冷のような味わいを感じた。とはいえ、右手に対して忠実に反応してくれるスロットルレスポンスや、アシスト&スリッパークラッチによる左レバーの操作力の軽さなど、エンジン全体の印象は現代的であり、パワーも十分以上だ。

ハンドリングは、Z900よりも軸距が20mm長いなどの影響もあってか、1クラス上のサイズ感を味わわせつつも、どんなシーンもナチュラルに旋回してくれる。RSとカフェ向けに専用設計されたトレリスフレームは、しなりを感じさせつつ高速コーナーでも不安はなく、φ41mm倒立式フロントフォークやホリゾンタルバックリンク式のリヤサスとの相性も抜群だ。特に旋回中にギャップを通過したときの収束が早く、リヤ2本サスとの次元の違いを見せつける。

ブレーキは、フロントにラジアルマウントのモノブロックキャリパーを採用する。マスターシリンダーがラジアルポンプで、さらにディスクがφ300mmとあまり大径でないことから、強すぎることはなく実にコントローラブルで好印象だった。

1/3ページ

最終更新:11/1(木) 5:30
WEBヤングマシン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヤングマシン

内外出版社

2019年01月号
11月24日発売

定価880円(税込)

EICMAミラノショー総力特集
スーパースポーツ&ブラックカタナ
神名車カワサキZ650
特別付録2019新車図鑑

あなたにおすすめの記事