ここから本文です

村上茉愛は絶対女王バイルズに勝てるか 体操界異例の“ママさん選手”も要注目

11/1(木) 11:31配信

THE ANSWER

元日本代表岡部紗季子さんに聞く、日本のエース村上と女王バイルズの凄さ

 カタール・ドーハで25日に開幕した世界体操2018も大詰め。1日は個人総合、そして翌2日からは種目別の決勝が行われる。女子はリオデジャネイロ五輪後の休養から復帰した金メダリスト、シモーネ・バイルズ(米国)が出場。全米選手権で金メダルを総なめしたバイルズに、村上茉愛(日体大)はどう挑むべきか。「THE ANSWER」では元日本代表の岡部紗季子さんに世界、そして日本を牽引する2選手について語ってもらった。

 世界体操も終盤。女子は1日に個人総合、そして翌2日からは種目別の決勝が行われる。各種目とも米国の主軸となった選手に注目が集まるが、なかでも、2016年リオ五輪での女子個人総合をはじめ4個の金、1個の銀メダルを獲得したバイルズが圧倒的強さを見せる。

「リオ五輪後に休養していたバイルズ選手は、今年に入り大会に復帰。全米選手権で全種目トップのスコアを叩き出しての今大会出場です。しかも、リオ五輪当時よりも技の数を増やしている。2年間のブランクをまったく感じさせません。彼女の強みは、パワーとスピードを備えた並外れた身体能力です。例えば、ゆか。ゆかは90秒間、全力疾走する感覚の体力的にも非常にキツイ種目。多くの選手が、体力が十分にある最初のタンブリングに大技を持ってきますが、バイルズ選手はここでムーア(後方伸身2回宙返り2回ひねり)という、最高難度の技を入れてきます」

 体操の技はA~Iまで9段階の難易度があり、Aは0.1、Bは0.2、Cは0.3……と難易度が1上がることに0.1ポイント増える。バイルズのムーアは最高のI難度。これだけで、0.9ポイントがつく。

 対する日本のエース、村上もゆかを得意とする。決め技はシリバス。バイルズと同じく後方2回宙返り2回ひねりの技だが、村上は伸身ではなく抱え込みで行う。「アクロバット系の技は、同じ構成でも姿勢により、抱え込み、屈伸、伸身の順に難易度が上がる。シモーネはさらにシリバスも、タンブリングの一つに入れてきます」と岡部さんは語る。

 Dスコア(演技価値点)で換算すると優勝できるだけの技を持ち、しかも質が良く、成功率も高い。果たして、村上に勝機はあるのか。

1/2ページ

最終更新:11/1(木) 11:31
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

あなたにおすすめの記事