ここから本文です

疑惑の「片山さつき」大臣 37年前の仰天“伝説のクレーム電話”「なんで、私だけブスなのよ!」

11/1(木) 6:40配信

デイリー新潮

 古巣・財務省(国税庁)への口利きを100万円で請け負った疑惑を「週刊文春」(10月25日号)に報じられた、片山さつき大臣(59)。

 もちろん片山大臣は事実無根と名誉毀損で争う構えだそうだが、その一方で気になるのは、記事でも明かされている彼女の特異なキャラクターだ。休刊した「FOCUS」編集者より語り継がれる、“伝説のクレーム電話”を紹介しよう――。

 ***

 安倍晋三首相(64)に「2人分、3人分の存在感」の発揮を期待され、10月2日に念願の地方創生担当“大臣”となった片山大臣。就任早々、全く別の意味で存在感を発揮し始めたようだ。

 その就任時、新聞各紙は各大臣のプロフィールを紹介した、彼女の場合は概ね以下のような格好だった。

〈■地方創生 女性活躍 片山さつき氏(59)=初入閣 小泉チルドレン筆頭格
 2005年の郵政解散で財務官僚から国政進出を果たした「小泉チルドレン」の筆頭格だ。「ミス東大」「女性初の主計官」などと当時のワイドショーの話題をさらい、1期目で経済産業政務官に抜擢(ばってき)された。
 物おじしない性格で知られる。09年衆院選は土下座で支持を訴えるも落選。10年の参院選比例区で返り咲くと、元夫の舛添要一・前東京都知事の金銭問題を批判し注目を集めた。
 一方、14年の御嶽山噴火では「民主党政権の事業仕分けで常時監視の対象から御嶽山がはずれた」とツイートし、「事実誤認」と陳謝したこともある。〉(「朝日新聞」10月3日付朝刊)

「ミス東大」「女性初の主計官」が彼女の枕詞のように使われている。

 そんな彼女を、創刊(81年10月)したばかりの写真週刊誌「FOCUS」は、81年12月11日号と82年2月12日号の2度にわたって、旧大蔵省への採用が決まったばかりの現役東大生として朝長(ともなが※編集部註:旧姓)さつき嬢(当時22)を取り上げた。

8ページ特集のトップを飾れず

 なにせ今から40年近くも昔の話である。当時の担当編集者に改めて話を聞いてみたものの、断片的な記憶になるのはご理解いただきたい。

「最初に取り上げたのは『82年度大蔵省新入りエリートの骨相』というタイトルで、東大から大蔵省入りが決まった学生たちを取り上げた。この時は、21人の中で朝長さんは紅一点。集合写真でも中心にいるし、これには何の不満もなかったようです。問題となったのは、2度目の『東大法学部女子学生14人の就職先』という記事。文章で14人を紹介し、そのうちの9名の女子大生の写真を掲載しました。他の人は誰だったか忘れてしまいましたが、彼女のことだけはハッキリと覚えています」(担当編集者)

 8ページにわたる特集だった。最初の見開き2ページに写っているのは、今中尚子さん(当時23)と中原和子さん(当時23)。いわゆる外交官試験を勝ち抜いて外務省に内定した今中さんは、まさに正統派の美人。そして建設省で歴代2人目のキャリアと紹介されている中原さんは、女優の満島ひかり(32)を思わせる美しさだ。おそらく当時の編集部は満場一致で大きく取り上げることを決めたと思われる。

 ちなみにこのお二方、現在はどうなされているのかと調べてみると、今中さんは外務大臣官房総務課企画官を皮切りに北米二課長、条約局法規課長、経済局長、国際法局長などを歴任。結婚されていて現在の名は齋木尚子……外務省の齋木? 外務事務次官を務めた齋木昭隆夫人である。

 また、中原さんは伊藤和子さんとなり、現在は衆議院法制局法政主幹として活躍中でいらっしゃる。

 さて、2人のページをめくると次の見開きは3人が掲載され、その筆頭で、朝長さつきさんが紹介されていた。

「それも気に入らなかったんでしょうけどね、他のページは全て2人ずつなのに、そのページだけ3人が一緒に紹介されているわけですから。ただ掲載前から問題は発生していたんです。彼女を担当した記者はすでに亡くなってしまったのですが、彼女がどうにも生意気で、『カメラマンなど不要』と思ったらしいんですよ。そこで記者が自ら写真を撮影した。もっとも、当時は記者もカメラを持って写真を撮ることは珍しいことではありませんでした」(同・担当編集者)

 通常、掲載写真には撮影したカメラマンの名前が入るが、9人の女子大生のうち朝長さんの写真にだけはそれがないのは、そうした事情があったからのようだ。

「彼女はちゃんとカメラマンが撮影しなかったことも気に入らなかったようで、『掲載前に写真を確認させろ』と連絡してきたわけです。普通は見せたりしませんけど、『FOCUS』はまだ創刊して間もなく、試行錯誤の状態でもあった。それに事件写真などといったものでもないから、特別に見せることにしました」(同・担当編集者)

1/2ページ

最終更新:11/1(木) 6:40
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい