ここから本文です

HPが革張りノートパソコン、いったいなぜ「革」なのか?

11/2(金) 8:10配信

WIRED.jp

ノートパソコンの出荷台数で2017年に世界トップに立ったのはHPだったことが、IDCやガートナーの調べでわかっている。だが、競合相手が生み出すアルミのユニボディや超軽量モデルと比べると、HPのノートパソコンは必ずしもそこまで注目されていないといっていい。

新しいMac mini、その待ち望まれた進化の中身

そこで、HPは注目を集める手段に打って出た。革製のノートパソコンをつくるのだ。

こうして誕生したのが、外装にレザーを採用したハイエンドなノートパソコン「Spectre Folio」である。HPは「細部までこだわってデザインされたハードウェアと手づくりの素材を組み合わせ」たとして、「manucrafturing」なる造語をコンセプトのひとつに掲げる。

タブレット兼用のコンバーチブル型で変形できるため、タブレット状態からスタンドを出したテント型、定番のノートパソコンのスタイルまでさまざまなかたちで使うことができる。この部分のデザインも、ほかの従来型ノートパソコンと少し異なる。

ディスプレイは後ろへ倒すというより、キーボードの上へ手前に引くイメージだ。内蔵のマグネットによって、ディスプレイをキーボードの手前側に固定する(ディスプレイを立てるテントポジションの場合)か、本体上にたたんで載せるかたち(ディスプレイをフラットにしたタブレットポジションの場合)になる。

クロムなめしの本革素材を使用し、カラーは温もりあるブラウンと深みのあるボルドーの2色展開。HPは世界初の革張りパソコンを謳うが、確かに偽りはないだろう。『WIRED』US版ではエレクトロニクス製品の革製アクセサリーを多数レヴューしてきたが、レザーを使用したパソコンはこれまでなかった。各パーツを収める構造部分は金属だが、開閉する外装部分はすべて本革だ。

消費者向けノートパソコン部門のプロダクトマネジメントを担当するジョセフィン・タンによると、今回レザーを採用したのは「耐久性、手触り、上質さ」が理由だという。市場調査では、このコンセプトに特に関心を示したのはミレニアル世代をはじめとする若い世代だったそうだ。とりわけ、本革を使用した「本物感」に魅力を感じたらしい(「ミレニアル世代が絶滅に追いやろうとしているものリスト」に金属製ノートパソコンを加えておこう)。

1/2ページ

最終更新:11/2(金) 8:10
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.31』

コンデナスト・ジャパン

2018年11月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.31|リブート号はUS版創刊25周年を記念した特大号!特集「ニューエコノミー」ぼくらは地球をこうアップデートする

あなたにおすすめの記事