ここから本文です

大阪・中崎町で「イコールフェス2018」開催中 2年目はアートで店舗の集客アップ

11/2(金) 15:00配信

WWD JAPAN.com

大阪・中崎町で古着店やカフェなど地元店舗とクリエーターが参加するイベント「イコール(=)フェスティバルin中崎町2018」が10月27日~11月4日の9日間、開催されている。

大阪・中崎町で「イコールフェス2018」開催中 2年目はアートで店舗の集客アップ

昨年から始まった同イベントは、大阪・梅田から徒歩圏内にありながらも、戦前の街並みが残る中崎町の活性化を目指し、PR会社ワンオーが企画する。最近は昭和レトロな街の魅力に引かれた個性派ショップやクリエーターが集まるようになったことを受け、さまざまな感性や価値、モノがイコール(=)になる祭りとして始まった。

今年は古着店や雑貨店、カフェなど約80店が参加。「メーンイベントを打ち上げて集客するよりも、1週間ずっと店に足を運んでもらえるように、店を主役にした内容に変えた」とワンオーの松井智則・社長は話す。

ワンオーが昨年オープンした古着のセレクトショップ「ナカザキオーハイツ」では、初日の27日の5時間限定で、人気インフルエンサーによる「レインボーシェイクヴィンテージマーケット」をオープン。古着好きの相羽瑠奈、あさぎーにょ、kinokoの3人がセレクトした古着アイテムを手に入れようと、ファン約150人が駆けつけた。

ショップとアーティストのコラボによる「街のアートギャラリー」では、関西で活動するアーティストや学生の作品を中心に展示。「ツタヤブックストア梅田ミライズ」では、アーティストの増田セバスチャンが京都造形芸術大学のウルトラファクトリーで学生と共同制作した彫刻作品を見ることができる。テーマは「次世代による次世代のための未来の植物」。FRP(繊維強化プラスチック)製の透明なキノコの中には、学生が京都中から集めたカラフルなパーツが詰まっている。増田セバスチャンは「アート作品を作るためには理由とエネルギーが必要で、学生たちは作品に使うハギレを調達するために、挫折や苦労を味わっている。そんな若い世代のエネルギーが詰まった作品を、新しいカルチャーが生まれつつある中崎町に展示する。何かが始まる瞬間を感じてほしい」と話す。

1/2ページ

最終更新:11/2(金) 15:00
WWD JAPAN.com

記事提供社からのご案内(外部サイト)

WWD ジャパン

INFASパブリケーションズ

2054号
発売日2018年11月5日

定価500円(税込み)

なぜ今年“韓流”が流行ったのか、韓国アパレルの最新ビジネスモデルを大解剖

あなたにおすすめの記事