ここから本文です

ホンダ N-VAN+STYLE FUN・ターボ Honda SENSING〈FF/CVT〉の試乗&積載インプレ!

11/3(土) 5:30配信

WEBヤングマシン

積みやすく安定性大低床の良さが光る!

バイクが積めるホンダの新型軽バン“N-VAN(エヌバン)”に、実際にリッターマシンを積んで走ってみた。果たして走行性能やいかに。

──────────

【〇】ホンダセンシングが安全運転をサポート

7月の発売以来、販売計画を5倍近く(!)上回る勢いで売れているホンダのN-VAN。先月号でCBR1000RRやCB1300SFなどが積めることを紹介したが、今回は積載状態での走りにフォーカスしてこの新型軽バンを試乗した。

空荷状態での走りは、トールワゴンタイプながらも安定性があり、また助手席センターピラーレス構造を感じさせないほど剛性感が高い。試乗車はターボ付きで、自主規制上限の64psを発揮。ミッションがCVTのためかレスポンスはやや緩慢な印象だが、それでも1トンに迫る車体をグングンと加速させる。運転席は居住性が高く、総じて好印象だ。

続いて、車重212kgを公称するCB1000Rを積載した状態で走行してみる。最大積載量の350kgまでにはまだ余裕はあるが、やはり加速はそれなりに遅くなる。とはいえ、感心したのはハンドリングの変化が少なかったこと。バイクがきちんと固定できているか否かにも左右される要素だが、これは低床設計による低重心が利いているはず。付け加えると、ブレーキの絶対制動力にも余裕があり、止まりきれなそうという不安なシーンは皆無だった。

このNーVAN、全車にホンダセンシングが標準装着される。衝突軽減ブレーキや誤発進抑制機能、歩行者事故低減ステアリングなどがこのシステムに盛り込まれており、特に便利だと感じたのはアダプティブクルーズコントロールと車線維持支援システムだ。あくまでも安全運転をサポートするものだが、この2つを利用したときの疲労感は明らかに少ない。遠方のサーキットに通う人にとって大きな味方となるはずだ。

4タイプに大別でき、全車が安全運転支援システムの“ホンダセンシング”を標準装備する。

【×】実燃費は低くなりそう タンク容量も少なめだ

流れに乗って走っていても平均燃費の表示は12km/L前後と低く、バイク積載状態だとさらに悪化する。しかも、タンク容量がFFでも27L(4WDは25L)と少ないので、遠征の際は頻繁に給油する必要がある。

1/2ページ

最終更新:11/3(土) 5:30
WEBヤングマシン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヤングマシン

内外出版社

2019年01月号
11月24日発売

定価880円(税込)

EICMAミラノショー総力特集
スーパースポーツ&ブラックカタナ
神名車カワサキZ650
特別付録2019新車図鑑

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ