ここから本文です

使うのは昭和のオヤジのみ! 時代と共に消えていった自動車用語7選

11/4(日) 7:01配信

WEB CARTOP

クルマ自体が進化したために使われなくなった言葉も

 昭和は遠くになりにけり。というか、気が付いてみたら、平成ももうおしまい。ますますオジサン以外、通用しない言葉が増えていくのか? 前回、大好評をいただいた、昭和の今はもう使わない自動車用語。その2をいってみよう !

【写真】クルマ好きの言う4発の意味がこちら!

1)エンコ

 突然エンコしちゃったぁ~。エンジン故障の略。つまり、エンジンがぱったりと止まってしまったことを指す。今では普通に故障だし、そもそもエンジンが止まることはほとんどなし。

2)セコハン

 セコンドハンドの略なのだが、セコンドという自体、前回紹介しように死語。セコンドとはセカンドのことで、つまり中古のこと。セコハンでクルマ買っちゃった、などと使った。

3)ミッション車

 EVは別としても、ミッションはすべてのクルマについているだろうと言うなかれ。正確にはミッションを操作するクルマということで、MT車のことをミッション車と呼んだ。

4)ギア付き

 こちらも同じく、MT車のこと。ギアはどんなクルマにも付いているだろう! というツッコミは無用だ。ATが普及していない当時は、オートマチックのスムースさは想像外で、ギアが付いていない気がしたというのが関係しているのか!?

5)カークーラー

 現在付いているのは、エアコン。その昔はクーラー。つまり除湿機能がほとんどないもので、ただ冷たい風が出てくるものだった。湿気が多いところで使うと、風が凍って白いスモークみたいになった。ちなみに後付けも普通にしていた。

6)チョーク

 今、チョーク引いてと言っても、地面に線でも引くのがおちか。チョークは機能自体が絶滅。知らない人にいくら説明してもわかってもらえないかも。

7)直結

 直結という言葉自体は今でもいろいろな場面で使われるが、クルマ用語の場合は5速のこと。とくに4速までしかない時代は、5速の希少性をアピールするかのように使われた。トップは直結ね、なんていう使い方をしたが、意味としてはミッションのギア比が1対1ということ。つまりギアで減速されないで、そのまま伝わるから直結と呼ばれた。ただ、厳密には4速が直結のクルマもあったりした。

近藤暁史

最終更新:11/4(日) 7:01
WEB CARTOP

記事提供社からのご案内(外部サイト)

クルマの「知りたい」を完全網羅
新車試乗・最新技術・お役立ち情報 etc……
すべてがわかる自動車メディアの決定版

あなたにおすすめの記事