ここから本文です

ジャガーの電気自動車「I-PACE」に、EV時代のクルマの新しい価値基準を見た

11/5(月) 12:20配信

WIRED.jp

そのとき、クルマから40フィート(約12メートル)くらい離れたところにいたのに、ボンネットからうなるような音が聞こえてきた。奇妙な話だ。このクルマは停止しているし、そもそもエンジンがない。

【写真ギャラリー】ジャガーの電気自動車「I-PACE」をみっとみる

でもすぐに、猛暑のなかでクルマが自らを守るために出している音であると気づいた。急速充電中のクルマには電子が注ぎ込まれているので、バッテリーが熱くなる。当時の気温は約38℃にもなっていたのだから、冷却ファンが全開なのも当然だ。

このクルマは、ジャガーが初めて開発した完全なる電気自動車(EV)の「I-PACE」である。テスラが優勢なEV市場で強力な挑戦者として、クールなネコ科でいるには必要なことだった、というわけだ。

思わず笑いが止まらない静けさ
そんなわけで、急速充電器のソケットをクルマから抜いた。充電時間が何分で、何パーセント充電できたかをメモすると、この小型のSUVに乗り込んだ。

クロムめっきされた「スタート」ボタンを押す。ダッシュボードの中央にあるスクリーンと、ジャガーのロゴが描かれたステアリングの後ろにあるスクリーンが明るくなった。

従来のクルマなら、ここでエンジン音でうなりを上げるのだが、I-PACEは静かになる。ショッピングモールの駐車場を出て、静けさのなか高速道路に向かった。

笑えるほど静かだ。高速道路の入口を目指してアクセルを踏みながら、くすくす笑いを抑えられなかった。

クルマの評価手法の転換期に

この新型EVで、ロサンジェルスからパームスプリングまで向かっていた。I-PACEは、イーロン・マスクのテスラのEVを相手に、航続距離と性能、テクノロジー、豪華さで初めて対抗できるクルマのひとつだ。

米国では年内にも発売が予定されており、基本価格は6万9,500ドル(約787万円)だ。時速100kmまでの加速は4.8秒(この数字でも体感スピードはかなりある)。2つのモーターによる最高出力は400馬力で、最大トルクは696N・m、そして4輪駆動だ。自動車メディアが早々にレヴューを載せるのも不思議ではない。

期待されるのも当然のことだ。現在の高級EVは、どれもスペックがありえないところまで到達している。例えば、時速100kmまでの加速が2秒を切るクルマや、馬力が4桁に達するクルマまで登場している。

「プレミアムブランドのなかでは、トルクなどのスペックにおけるバブルが起きています」と、EVの推進者として知られるEVアドヴァイザーのチェルシー・セクストンは言う。「さながら男らしさを競い合うコンテストのようです」

だが、自動車業界が電気の時代に入ると、クルマを評価する新しい手法が必要になった。それはスペックではなく、日常生活にどれだけ役立つかに注目することだ。それには、高校の物理で学んだいくつかの用語を学び直すことになるかもしれないが、EVをさらに明確にとらえることができる。

1/3ページ

最終更新:11/5(月) 12:20
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.31』

コンデナスト・ジャパン

2018年11月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.31|リブート号はUS版創刊25周年を記念した特大号!特集「ニューエコノミー」ぼくらは地球をこうアップデートする

あなたにおすすめの記事